So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

6月1日から保育園にいきます。 [暮らし]


明日は6月1日です。
明日から一番下の娘は保育園に入園します。
お兄ちゃんと一緒に保育園生活の始まりです。

DSC07025.jpg

昨年の11月に産まれてもう半年以上経つことになります。
いや、正直半年の乳飲み子を易々と預けたい訳ではありません。
本当いうと一年は自分たちで見たかったところです。

こうして毎日色々工夫して、ベビーカーに乗せたりおんぶしたりして仕事をしています。
それはもう泣いて仕方ないタイミングもあります。
でもいつも手の届く場所にいて、いつもそこにいました。
抱っこすると「エヘっ」と笑う可愛いやつです。

DSC06915.jpg

DSC07043.jpg

でも、預けなければならないのです。
それは「待機児童」関係の都会的な事情ではありません。
早めに入れないとあとあと入れようと思っても空きがなくなってしまうことを考えてとか、そもそも子供が少ないこの田舎では考える必要がないのです。


あんと!
垂水市(あ、住んでる場所です)の条例かなんかで決まっているのだそうです。

自営業の人間は育児休暇なんてものは認められず、兄弟が保育園に通っている場合、六ヶ月したら保育園に入園させなければならない!

自営業者には人権はないのか・・・

兄弟がいなかったら関係ないのですが、うちは年少の兄が通園しています。
ここで気になるのが、普通にどこかに勤めて働いている人は育児休暇が市でも認められて、上に子供がいて通園している場合でも一年は預けなくてもいいのです。


ここ垂水市ではもっと詳しくいうと、
例えばある夫婦が自営業で、旦那さんが奥さんに対して「一年間は育児休暇ということで、働かなくていいから子供を見て欲しい」と思っていても、上に兄弟が保育園に行っていたらそれは許されないのです。

「自営業で六ヶ月以上の子供を自分で見られる家は、上に子供がいても自分で面倒見られる」と認定されるからだそうです。


とにかく預けなければいけないらしいです。
預けない自由はないのです。
あるとすれば以下の二つの選択肢がありました。

①上の子を幼稚園に入れる(もしくは認定こども園だったら認定の変更をする)
うちでは認定を変えると毎月の通園費が1万円以上も上がります。
ということで、上の子の認定の変更はちょっと無理です。

②上の子も保育園を辞める
いや、それはもう本当に大変なことです。乳飲み子と4歳児を連れての田んぼ畑っていう苦労は、もっと上の子の時にもう散々したので、もう無理です。てか無理だから4歳児預買ってもらってるんだし。無理じゃなかったら預けないし。一緒に毎日田んぼと畑行くし。


ということで、入れるしかないのです。下の娘も。


すみませんね。
都会では待機児童の問題で一人も我が子を認定されている保育園に通わせられない方もいるのもわかってます。
でもね、他の市町村だとこんなことにならない訳です。
預けない自由が普通に認められているのです。
本当に[?]すぎてびっくりしてます。


でもね、本当に保育園がよくしてくれて、色々考えてくれて、預けるんだけどたくさんたくさん娘といる時間を取れるようにしてくれることになりました。
大変大変嬉しいです。
だって、ミルクなんて飲んだことない100%お母さんの乳で育ってきてるから、いきなり母さよなら無理です。
一歳になるまで(いやそれ以降もね)お母さんとできるだけ一緒にいられるように、僕も色々頑張りたいと思います。



もう一度言います。
垂水市では
自営業者に育児休暇を認めないし
自営業者の子供は六ヶ月したら保育園に入園しなければならない
のです。
これ、条例変えませんか?
いくら「自営業者で一年は子供を見たい」なんて人が少ないからって。



すみません、久しぶりのブログが愚痴になってしまいました。ブロ愚痴。
というわけで、とにかく田植えの6月は田んぼにも保育園にも通って(親もいっぱい通うことになるということですー)頑張るぞ!という決意をここに表明!
また、田んぼ関係のことアップしまーす!
nice!(1)  コメント(0) 

山田家は麦も育てています [田]

うちではお米を収穫した後の田んぼで麦も育てています。



鹿児島の人は麦が大好きです。
味噌は麦味噌(しかも麦麹の割合が半端ない)です。
昔はうちの地域もたくさんの冬の田んぼで麦を育てていたそうです。
それが今や麦秋の風景を垂水でみられるのはうちの田んぼくらい。
こんなに麦味噌大好きなのに、そのほとんどは熊本や佐賀や福岡の麦を使って味噌など作っているのです。(多分。スーパーには味噌作りコーナーみたいのがあったりするけど県内産の麦をみたことがない。)

麦、確かに梅雨入りが早かったり湿気の多いこの南九州で育てるのは、なかなかしんどいからだんだんと衰退していったのかなと推察します。昔はやっぱり食べ物大事だから頑張って麦まで育ててたんでしょうね。あとは早期米の拡大が麦衰退に一役買っているのかもしれません。田植えが4月だと間違いなく麦は無理ですもんね。

といっても、うちとしては麦はとっても栄養深くて、いろんな美味しいものに変身してくれるので、頑張って育てるだけのことはあると思います。麦ごはんうまいじゃないですか。

あと、うちの地域ではお米も田植えが6月中旬なんですよね。だから麦刈ってからちょっと余裕あるんで、たんぼで麦ができます。ラッキーです。
(余談ですが、そんなに遅く田植えでも10月には普通にお米収穫できます。寒い地域だと田植えが5月とかなんで、こちらは一ヶ月も遅いんですよね。つまり生育期間が一ヶ月短いということです。暖かい地域での日射量と植物の成長スピードにいつも目を見張ります。)


裸麦:イチバンボシ
DSC06252.jpg
IMG_7922.jpg

大麦:春雷
DSC06269.jpg
IMG_7756.jpg

小麦:垂水小麦(薄力っぽい)
   農林61号(中力)
   ミナミノカオリ(中強力)

昨年末、2017年の11月に娘が産まれた関係で、いつもは11月末に麦の種を蒔いてましたが今シーズンは12月中旬にずれ込みました。

それでもなんとか立派に育ってくれて、収穫までこぎつけました。

いいところもあれば、いまいちなところも。
いまいちなところは水はけがイマイチとか、米麦・米麦とちょっと連続して育てすぎたかなーというところという感じです。田んぼの場合、麦は隔年とかにした方がいいのかな。

ミナミノカオリは畑にやってて、畑にやってる麦は毎年いい感じにとれてます。

まずは12月入って、トラクターで耕しました。
稲藁が残ってるところは焼いたりして、でもなかなか湿って焼けなかったりとそんなことでも結構手間取ったり。
種まきは「種まきゴンベエ」を借りてきて、えっちらオッチラ歩いて蒔きました。多分5反以上。
普通はトラクターに播種機をつけて耕しながら種まきってのが一般的だと思いますが、ゴンベエさんに頑張ってもらいました。てか、昨シーズンまでは手で蒔いてたから、それから比べると大幅な近代化!!

DSC06210.jpg
芽出ました!

芽でたら麦踏み。
家族総出です。
前までは凧揚げしながらやったりしたけど、今回は自転車に乗ってだーっと足で蹴って踏んでいきました。足で踏んでくよりはるかに早い!笑
IMG_2097.jpg
IMG_2100.jpg


そんで、中耕して草をある程度抑えました。

収穫は5月入ってから。

大麦・裸麦はハザかけしました。
この時期は雨が多いので、隙間をみてさっと数日干してます。雨の前に脱穀します。
DSC06287.jpg

DSC06293.jpg

もちろんそんな何日か干しただけじゃ干しきれないので、また晴れ間をみて地干しします。
敷物敷いて、袋から出して、また仕舞う。簡単そうですが、か・な・り時間がかかります。
1日でも干しきらないので、また晴れた日を狙って敷物敷いて。。。
また梅雨が明けたら再度干してとかやってるので、本当に大変です。乾燥機欲しくなりますね笑
でも、広げてたらお日様が乾かしてくれるので、最高のシステムでもあります。
IMG_8932.jpg


もう、竿は立ててらんないということで、小麦は立てかけて干しました。
DSC07026.jpg

これでも結構干せる。
もう今後はこの干し方で行こうかとお思います。
当然これも脱穀後、地干しします。
DSC07055 (1).jpg


お母さん、お父さん、私もいるよ。もっと構って!泣
麦と共に成長中の娘も田んぼで畑で賑やかです。
おんぶで作業は結構キツイです!
DSC07025.jpg


さーーー麦も終わったら、お米にどんどんシフトです。
あ!夏野菜たちも今年は頑張らなきゃ!!!
nice!(1)  コメント(0) 

送料値上げに関するお知らせ [農作物売ります]

IMGP5257.jpg

送料が値上がりしますというのは以前のブログでもお伝えしました。

正直倍くらいの送料に跳ね上がるケースもあります。
鹿児島県内600円で送れていた物も、120サイズの箱・お米20kgともなると1,200円くらいすることも出て来ています。
関東で言えば、10kg8,000円のお米を購入していただいて、それが1,000円で送れていたのが、1,700円とかになります。


こちらとしても、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


「かえるすたいる」なのに、こりゃ買いにくいよと愚痴をこぼしてしまいます。
お客様に負担がいくのが本当に申し訳ないです。
こちらで負担してもいいのかもしれませんが、とんでもなく色々な部分を切り詰めても全てを負担するのはちょっと厳しそうです。



そこで
今後はこちらからご注文のご検討いただけたらというお店をいくつかご紹介いたします。
すべてみていただけたら幸いです。


「九州の食卓」
http://9syoku.shop1.makeshop.jp/shopbrand/ct64/
雑誌も素敵ですが、サイトのショップ部分もとても充実しています。そして、そして、阿蘇方面へ遊びに行かれる際はぜひセレクトショップにも足を運んでいただきたいです!
とっても素敵な古民家を大事に改装されております。
こちらにお米やお野菜、切り干し大根、よもぎ茶なども購入できます。野菜は時期によって種類の変動、価格の変動ございます。
全国一律600円(野菜セットは+クール料金)でお送りできます。すごいですね。いつもありがとうございます。


「たべるとくらすと」
https://taberutokurasuto.com/shop/yamadayasai/
圧巻の商品が並ぶwebサイトで、すごく素敵な商品がたくさん紹介されています。
うちの商品としては、お米の種類としてはこちらが充実しているかもしれません。
今後もさらに商品数充実できたらいいなと思っています。こちらの月間ランキングに食い込んで行けたら嬉しいなと密かに目論んでいます。
送料もこちらのページからご確認ください。
今年に入ってから商品を載せていただいております。
ぜひこちらもみてみてください!


「ナチュラルハーモニック ピュアィ」
https://www.nh-purelyshop.com/products/detail.php?product_id=853
九州が誇る熊本の自然商店ピュアリィさん。地震にも負けず再興されております。店舗、通信販売でも少しですが、当方商品扱っていただいております。
みなさん梅干しなんかは結構こちらから購入していただいているみたいです。
梅酢やお野菜も仕入れていただいております!


「金子商店」
https://kanekoshouten.shop-pro.jp/
福岡の情熱の八百屋、金子商店さん
こちらには多めにできたお野菜をいつも仕入れていただいております。
いつも山田の野菜がある訳ではありませんが、もし当たったら嬉しく思います。当たらなくても、間違いない野菜を提供してくださっております!



上記のお店には本当にいつもお世話になっております。
今後ともみなさまどうぞよろしくお願いいたします。

_MG_0319.jpg


2月から送料上がる、上がると右往左往して、どうしようどうしようと嘆いていました。
いい案も思い浮かばず、どうすることもできないでいました。
誰かと提携するかとか、色々。


でもふとお客様目線で考えてみた時に、思ったのです。
要は、お客さまが買いやすいのが一番だよね。
うちの物を買えるのってうちだけじゃないよね。。。

「はっっっ!これまでに取引させてもらってた素晴らしいお店をもっともっと利用してもらったらいいじゃん!」
と灯台下暗しじゃないですが、そのことに気づきました。

そして、

「いろんな方々に支えられてる(た)じゃないか」と。
思えば、こういった素晴らしいお店に自分達も成長させてもらってたなと。
もっともっとこういったところも利用していただきたい!
すでに「送料値上がり」という難関に立ち向かうだけのお付き合いが僕にもありました。ありがたいことです。



うちで全部やらなくてもいいのか。
そう思ったらちょっと肩の荷もおりたところもあります。


これまで栽培、営業、受注、販売、発送作業といった具合にやってきて、直接注文いただいて直接販売させていただくことの方が多かったです。
でも、もしかしたら限界がきているのかもしれません。
送料値上がり、個人でやっている、という壁はそれほど大きいと思いました。


今後は、みなさまの買いやすい形で、うまい具合に負担の無いように、暖かかく見守り、応援していただけたら本当に嬉しく思います。
もちろん、送料は上がりますが、これまで同様に直接連絡いただいての販売もこれまで同様行っていきます。それでもいいよという方はどうぞまたこれまで同様にご連絡いただけたら本当にありがたいです。


私たちのお米、お野菜、加工品に、また思いを載せてみなさまのところにお届けできるようにこれからも考えて、頑張って行きたいと思います。

DSC03233.jpg
IMG_1162.jpg

そして、改めてになりますが、商品を丁寧に配達してくださっているドライバーや営業所のみなさま、いつもありがとうございます。
見えないところで、深夜の高速で、遠く離れた営業所で、僕の知らない道の上で、あなたがこのたった一つの荷物を、あのお客様に届けてくださっている。そのおかげで僕はお客様と繋がれています。

ついつい流れ作業で箱詰めしてしまう時もありますが、たった一つの荷物にも心を込めてお届けしたいと思います。
そんな深夜の発送作業終わりのブログでした。


nice!(1)  コメント(0) 

2017年の決算報告 [お金のこと]

こんにちは

IMG_1530.jpg

いつもこのブログを見てくださってありがとうございます。

DSC06414.jpg

実は毎年急激にアクセス数が増える記事があります。
それがこの毎年の決算報告の回です。
普段の記事が例えば300件のアクセスとかで、多くて800から1,000件とかなんですが、この決算報告だけは4,000(2016年の報告の時)とかになります。
しかも、年々そのアクセス数は増える傾向にあります。
なので、だんだんこの記事を書くときは緊張感がましております。
なるべくなるべく、誤解の無いように簡単にわかりやすく、うちの実情をお伝えできたら幸いです。
確定申告も2月に済ませました!!

IMG_1728.jpg


最近、Iさんに「宝くじでも当てたんか!?」とまさかの問いかけがありました。
そんなに羽振りが良くなってますでしょうか。笑
この間種市に参加する為に東京に行ったのですが、家族で飛行機でいきました。その話をした時に言われたんですが、
もし宝くじ当たってたらランドクルーザー買ってそれで種市に横付けしますよー!
飛行機は二人はマイルでとり、大人二人は頑張って子供二人を膝の上に、三人分の航空券をだいぶん早めに予約してやすく抑えての旅行です。妻ともに実家が東京にあるので、年末年始の里帰りを抑えて種市でまとめてという感じでした。
普段、この種市の為にマイル貯めてます。


ということで、宝くじは当たってません。
買ってすらないから当たりようが無いんですが。

IMG_1726.jpg



-----この報告を行う上での注意なんですが------
全ての収入を公開している訳ではありません。事業に関わる売り上げや経費のみ公開しています。例えば児童手当などの家計収入はこれには含まれません。そのあたりはご理解ください。

いつもたくさんの方にお米やお野菜を買っていただいておりますが、それが何に使われているのかといったことをできるだけお知らせできたらと思います。

ひけらかしている訳でもなく、どなたかの(これから就農する方など)の参考程度になればと思います。
商売している方には「お、うちの方が儲けているな」とか「山田の方が稼いでいるな(イラっ)」などということもあるかもしれませんが、ご了承ください。7年前に比べればはるかに売り上げは上がっています!
これからも頑張りますよー!

DSC05787.jpg

2017年の収支はこちら
ーーーーーーーーーーーーー
売上(+):330万円
経費(−):150万円
減価償却(−):106万円
給与(−):0万円(妻への給料)

収支:74万円
ーーーーーーーーーーーーー

DSC05816.jpg

2017年もアルバイトしました。
それは多分50万円くらいあったかと思います。
それは全部機械代に消えました。
災害関係で機械が壊れたので、新しく買ったものは
・トラクター
・田植え機
・脱穀機
・軽トラ
これらで500万円くらいしました。
いやーそんなお金がどこにあったのかというと、親から借りたり、災害に関する募金や国からの補助金などで賄いました。うちの貯金もほぼ使った形ですね。あ、そのバイト代も!

青色申告しているので、この設備投資は何年かに振り分けて経費に算入しています。
ということで減価償却費はこれら機械の経費の2017年分ということになります。

妻への給料はなしにしました。
所得税上はこれを経費に算入できるのですが、国保税上はこの専従者給与も健康保険を計算する上で収入になるようで、妻への給料はなしにしました。難しいですね。

DSC06344.jpg

経費で多かったのは送料ですね。20万円ほどがかかってました。
次は保険料。15万円ほど。車の保険やら機械の保険やらです。災害にあってこれらもかけるようにしました。
おお、あと消耗品は50万円も使ってますね!!少しでも減らせたらいいのですが、結構チリも積もればでどうしても増えちゃいます。
田んぼの地主さんに上納米という形でお米をあげたりしてますが、こういったものは数字には出てこないですね。その分売り上げも目減りしています。
こう言った経費がかかっています。そのほか諸々を合計して150万円ほどですね。農業やってると出ていくものも多いようですが、うちはどうでしょう?そんなに多い方じゃないでしょうか。ちっちゃくやってるのでね。


収支プラスの74万円ということですが、これでは山田家生活できません。
少なくとも2017年の家計支出は150万円はありました。
どういうやりくりしてんでしょうか?


また、稲作をやっていると育てたお米が売れるのはほとんどは翌年になります。
11月に新米がとれても、11月、12月では売り切れないので、次の年に売ることになるのですね。
2017年のお米の売り上げは、そのほとんどは2016年に収穫したお米ということになります。
2017年に収穫したお米が売れるのは、2018年ということですね。
頑張った分が数字に出てくるのは次の年という、なんとも先を見ながらやらなければいけないのです。
また、加工品もそうですね。
例えば2017年秋に蒔いたそら豆が、販売できる豆板醤になるのは、2019年の秋ということになります。
未来への投資。うちの加工品そんなに何年もかかるのに、こないだの醤油のように失敗しちゃったりして・・・。あはは。

IMG_1748.jpg

なかなか今お金になることがなくて、先を先を見ながらになります。
でも、前の頑張りが今を支えてくれてたりして、前の自分ありがとう!となったりもします!

IMG_1726.jpg

なんだか数字ばかりで、書いてて疲れてきました。
みなさん大丈夫でしょうか?
疲れました?

今年は豆板醤もお味噌もたくさん仕込みました。
お米も2017年に頑張って育てたので、たくさん売れるといいなと思います。
送料も4月に上がります。
車もいつか買わなきゃかもです。
倉庫や母屋も、かさ上げしたりして災害に強いものにいつか変えたいです。
蔵なんかも作っちゃったりして。

コンバインや乾燥機ももしかしたら今後必要かもです。地域の農業の為に。
でも、機械化すればするほど、人がいらなくなり、農村から人がいなくなるように思います。
そんなお金もないし。

IMGP1304.jpg


あ、そうそう!思い出した!

こんな貧乏な生活ですが、都会でこの生活をしようとしたらどれだけお金がかかるか、前に考えてみたんでした。
今、結構広い家(4LDK+納屋に庭)に住んで、妻のおじいちゃんちということで家賃はゼロ円です。
食費もお米や野菜や調味料はほとんど買うことがありません。

それだけで都会だといくらかかるか。
家賃は東京だと月に15万円くらい?(ワカンナイ)
米はうちの米を買ってたとしたら月に36,000円、野菜は10,000円くらい、調味料は10,000円くらいでしょうか。
これだけで年に240万円くらいの生活費が浮いてるというか、豊かなベースがあるというか、暮らしができているんだなーと。

農家って、
お金だけじゃないところで、本当に自然に溶け込んだ生活ができて、豊かな暮らしや子育てができると思っています。もう自分たちはここの自然でできてるという感覚すらあると思います。
なぜ祭りがあるのか、山を信仰するのかを肌で実感できます。
あっつい夏の作業の合間に川に飛び込んでみることだってできます。

お金稼ぎたかったら別に農業やらんで、どっかで働いた方がよっぽどいいかも?金融とか?わかんないけど。
などと言ってみるけど、お金面からもとっても豊かな暮らしができると思い始めてます。

もし、普通にサラリーマンしてて、年収300万円でも、この生活はできてないだろうなと。
無肥料無農薬の天日干しのお米や小麦粉、三年味噌、杉樽で仕込んだ醤油をドバドバ使う、みりんは自分で仕込んだもの、砂糖や塩も自分で!?とても考えられなかったと思います。野菜は食べ放題、加工品も使い放題。やっぱりうちのご飯は美味しいねーと毎日思います。
きっと、子供も五人も産もうと思えなかったと思います。

とにかく広い、食える、綺麗、生き物がいる。 自分で色々できる。


農家っていいですよ。
ぜひ!(←何が!?)

・2011年会計報告 http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2012-01-11
・2012年会計報告 http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2013-04-24
・2013年会計報告 http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2014-02-18
・2014年会計報告 http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2015-04-14
・2015 http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-03-31
・2016 http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2017-03-16-1

nice!(1)  コメント(0) 

送料が値上がりしそうです。 [お金のこと]

こんにちは
季節は春!というような陽気の鹿児島です。
でも、ちょっと退っ引きならないくらい暗く、申し訳ない話題が今回のテーマです。

以前、消費税増税(8%へ2014年4月1日)の際にヤマト運輸さんの値上げがありました。
ほとんど同時に佐川さんも値上げとなりました。
「え!?消費税分以上にかなり上がってますが・・・」
「わーーー!どうしよう・・これお客さんいなくなるよ・・・・・。」
という所に助け舟を出してくださった郵便局さんの宅配業務です。
そう、ゆうパックです。
そのとき、値上がりする前のヤマト運輸さんの送料よりも安い見積もりをいただいて、これならなんとかやっていけるとそこからずっとゆうパックさんで皆様にお送りさせていただいていました。



そして!
そして!この4月
最後の砦とも言っていい郵便局のゆうパックもこの度値上げの運びとなっています。
全国でその動きなのかわかりませんが、国会でも話題になっておりませんが、まさかこんな日が来るとは。。。。

みなさんどうします?
物流ってインフラがこれだけインフレしてしまったら物価すごいことになりませんか?
と難しいことを言ってみたくなるほど、困惑しています。
皆様これだけの値上げを受け入れてくださいますでしょうか。


これまで120サイズまで同一料金でそれ以上は160サイズまで同一料金でした。
それが各サイズごとに料金設定されるようになりました。
前は簡単に値段を表示できたのですが、今度からはサイズと地域で料金が違うので、とても案内が難しいですね。
どれくらい値上がりするのかをこちらにいくつか例として表記しておきます。

鹿児島県内(120サイズ)
600円→1,100円
九州圏内(120サイズ)
670円→1,170円
関東(120サイズ)
1,000円→1,560円

サイズを小さくできたらもうちょっと安くなりますが、概ね300円から600円ほど値上がりしそうな形です。
これをお客様に負担していただくのか、こちらで負担するのか、一律1,000円とかにして近くの人も遠くの人もサイズの小さい人も大きい人も同じにしてみんなで補っていくのか。

わかりませんが、もうちょっと社会的に問題にして欲しいですね。


時期は4月1日から変更になります。
また、詳しい送料をこのブログでお伝えできたらと思います。
どうぞよろしくお願いします!


nice!(1)  コメント(0) 

みそ会と醤油会のお知らせ [ワークショップ]

みんなで仕込みませんか!
今年は結構自由な感じで出入り自由です!
都合のいい時間にどうぞ遊びにいらして下さい。
見学だけでも大丈夫です。

みそ会2018.jpg

醤油会2018.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

醤油がなくなった話 [暮らし]

こんにちは

うちに醤油がなくなりました!!
DSC_0052.jpg


うちでは、毎年醤油の醪を仕込んで二夏越した段階で毎年絞っているんです。
2年前2016年2月に仕込んだ醤油麹が実は結構納豆化してしまっていたんです。
それまでほぼ失敗なく醤油を仕込んで来ていたんですが、その年は二度も失敗してしまいました。
しかも、醤油の需要がどんどん高まっていたので、たくさん仕込んでいたんです。
大豆20kgとかだったかな?これまでの量からすると結構な量なんですよね。

DSC04372.jpg
(これは成功してる醤油麹くん)

そんで、当然同量の小麦も使ってて、大豆を買っている
「マルマメン工房」の増田さんにも申し訳なかったですし、うちの小麦ももうなくなってしまって、一回仕込むのにも何日もかかるし、もう一度仕込むのは体力的にも精神的にも無理でした。
ということで、二度目の失敗作の納豆醤油君に塩を混ぜて(こ、これも貴重な貴重なお塩なんですが)
とりあえず2年置いてみよう。
どうにかなるかも?

なんて思って置いておいたんです。

そんで一昨年絞った醤油がそろそろ切れそうだということで、その納豆醤油君を絞ってみることに。




いや、全然絞れない!!
納豆菌強い!!
汁が垂れて来ないんですね。
やっぱりだめだった。

わかってはいたけど、やっぱりだめでした。
うまい大豆、うまい小麦、うまい塩だからその納豆醤油君はそのまんま食えばめっちゃうまいんですが、絞れません。
どうにも使い道がないので、40kg超のその醪は廃棄しようと思います。

(でも、もったいなくてまだできてない)
欲しいかたはタダであげます。いくらでも。
うまいです。ちょっと納豆ぽい?ほとんどわかんないくらいです。

でも、また醤油仕込むので、早めに処分します。樽も余ってないのです。

DSC03391.jpg
(これはいい感じに絞れてます!2016年11月に絞っている様子)

そんなこんなで、今年販売する分の醤油はなくなってしまいました。
いつも楽しみにしてくださっている方には申し訳ありません。
2017年に仕込んだものは11月には絞れると思います。
そこでまた山田醤油販売再開となればいいなと思っています。

うちの加工品はスーパーでは当たり前にある商品と違って、ないときはない。
改めてそのことを感じました。
いくらでも醤油があるということのありがたさ。
やっぱりそれって豊かだなー。

DSC03385.jpg
(絞る手前の醪2016年11月絞る前)

今年は各地の美味しいお醤油をたくさん買って、使わせていただきます。
それはそれで楽しみでもあり。
また、最高のお醤油を今年も仕込んでいくという決意にもなります!!


あ、みそ会やしょうゆ会今年もやります。
またFacebookなどで案内しますが、まだ日程を定めているところです。

それでは、また!
nice!(1)  コメント(0) 

2018年節分、立春の「種市」に参加させていただきます! [農作物売ります]

DSC06307.jpg

こんにちは!
もうすぐ種市ですね!
2018年はこの種市で幕を開ける気がします。
なんてったって節分、立春です。
立春を新年と考える文化も昔はあったようです。
新しい自分になる。またこの種市から!
そんな予感がします。

詳細はこちらから!
https://www.organic-base.com/topic/tane/

生産者さん、料理家さん、パン屋さんや、お菓子屋さんや、飲食店さんや、八百屋さんや、種屋さん
そして、そして あなた
そういった人間たちの袖が触れ合って、
ここから、これからそれぞれの未来を紡いでいく。


毎度毎度、種市のたびに、次の種市までに何か変わっていたいと思っています。
これくらい(あそこまで)成長しておきたい。
そうして成長した姿で、あの仲間たちに会おうと毎度思っています。

矛盾するようだけど、毎回これが最後かもしれないとも思いながら、参加しています。
次があるかどうかもわからない、いつあるかもわからない。ないかもしれない。
だけど、もう少ししたら”あの人”から声がかかるかもしれない。
「次の種市が決まったよ」

その前できるだけ色々経験して、もっと生き方を深めておきたい。
もっともっと面白いことをしておきたい。
もっともっと考え方を広くしておきたい。
もっともっと儲かっていよう。(笑)
ちょっとくらい儲かってないと東京までの交通費とかやっぱり捻出できませんし!!

次にみんなに会うときまでに、成長しておきたい!!

きっと種市はマイルストーンなんです。
またここから新しい始まり。

今年はお家で家族水入らずで『豆まき』はできないけども、
鬼に扮して子供を追っかけ回すことは今年はできないけども、
たねを蒔こう。
たくさんの人と話そう。



僕はあなたの台所を支えられる農家に、またこの種市からなりたいと思います。
一生付き合ってもらえるような関係を作りたいんです。
縁あれば鹿児島、垂水に移住して一緒に何かやれるような仲間を作りたいと思っています。
そして、災害にあったときに助けてくださった皆さんにお礼を言いたいと思っています。

そして、そして種市を楽しみにきてくださるみなさまの為に美味しいお野菜、お米、加工品たくさん準備していきます!
みなさまの台所や食卓に幸せな時間が流れますように、心を込めて。


フードとしては
3日
パーラー江古田さんにたくさんのお野菜を使っていただけると思います!
4日
オルガンさんとomotoさんにもお野菜を使っていただく感じです!
こちらも本当に楽しみなんです。
大根や葉物、里芋などどんな美味しいお料理になるのでしょうか。

とにもかくにも本当に楽しみです。

さあ!
種市までもう少し、
まだまだ頑張って準備して行きます!
みなさまどうぞよろしくお願いいたします!

DSC06230.jpg

うちが準備する商品はこちら!
よかったらチェックして遊びにきていただけたらと思います!
・お米(全て自家採種)
 ササニシキ、朝日、ハッピーヒル、古代米など
・野菜(全て自分で種をとっているものを持っていきます。)
 女山三月大根、ルッコラ、桜島大根、国分鮮紅人参、かわひこ(里芋)、ごせき晩生小松菜、赤リアスからし菜、のらぼう菜、雲仙こぶ高菜

DSC06315.jpg
DSC06317.jpg
DSC06318.jpg

・加工品
 長瀬小豆(小粒)、ポップコーン、梅酢、梅干し、米粉、小麦粉(ミナミノカオリ、農林61号、垂水小麦)、醤油、味噌、玄米餅、切り干し大根、よもぎ茶など
nice!(1)  コメント(0) 

これまでのお米づくりを振り返りながら、どうやったらお米を買ってもらえるか考える [伝える]

山田家ではこれまで7回お米づくりを行ってきました。
田んぼでの出来事もこれまで色々ありました。
よかったらこちらをどうぞ!
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302283047-1


皆さんは毎日どれくらいのお米を食べていますでしょうか。
うちでは一升以上食べていると思います。
皆さんはどんなお米を食べてますでしょうか。
汗が滲むような思いをして育てられたお米は、やっぱり美味しいように思います。
うちでは1kgあたり800円程度でお米を販売しています。
思いを込めて育てています。
大規模に育てられたお米もいいですが、機会があればこの小さな農家のお米も年に一度くらい食べていただけたら嬉しいです。



最初、私たちは鍬一本で2反の田んぼから農業を始めました。

今では面積は10倍、機械もトラクターやら田植え機やら色々揃ってきました。
そこで、これまで田んぼでやってきたことを振り返って見たいと思います。


まずは不耕起で鍬一本、鎌一本から二反のお米作りを始めます。(2011)
なかなか田んぼを貸してもらえずに2年がすぎます。
耕しはじめて田んぼが貸してもらえるようになります。(2013)
その後は
『6反、全部手植え、手刈り、ハザかけ天日乾燥、足踏み脱穀、唐箕かけ選別(2014)』とか
『全て手植えで1町(2015)』とか
『全てハザかけ天日乾燥で二町超え(2017)』
今でも除草は手作業です。

2014年まではほとんど化石燃料に頼らない稲作ができてましたが、そこからは面積が増えて(いや、増やさないと収入的に無理だったわけですが)機械化が進んできています。

最初の年のお米の収穫量は多分200kg(籾)とかだったかと思います。
今では6,000kg(籾)とかをとっているので、大きく変わってきたなーと実感します。

2017年も期せずして面積が多くなり、二町の面積を全て掛け干しして天日乾燥するという伝説を作りました。(いや、よくわかんないって言われるかもですが)
これくらいの量を掛け干しされている方って全国にどれくらいいらっしゃるのでしょうか。
苦労を語り合いたいと思ってしまいます。

しかもうちは妻と二馬力で仕事しています。
さすがに田植えや稲刈りの時は小学生組みの息子たちも加勢してもらいますが。基本的には二馬力ですが。

昨年は妻が妊婦さんで、稲刈り時はお腹まん丸の臨月!臨戦態勢突入で稲刈りに突入して行った山田家でした。
それでもたくさんのお手伝いをいただいてなんとか全てハザ掛け終了した時には本当にホッとしました。
大きなお腹を抱えて稲刈りはかなりきつかったと思います。
同時に妊婦でこれだけ田んぼに出られる人は、日本でも数人しかいないのではと、妻の常人とは思えない働きぶりに驚いたことは、また改めてブログで記したいと思います。

稲刈りと、脱穀が一通り終わり、地域の豊年祭が終わってお腹の中から次女が産まれてきました。
子供は宝ですね。


さて、そっからが大変です。
2016年産のお米は実は余りました。
多分500kg(籾)くらい余りました。
うちでも今まだそのお米を消費したり、鳥の餌にしてます。
こらまずいぞと、2017年はさらに収量が多くなってるので、本気で販売して行かなきゃ相当な在庫を抱えたまま2018年の新米時期になってしまう!と焦っております。

結構定期的に買ってくださっているお客様もいるのですが、今後どうやったらお米を販売していけるかなと思案しています。
大きなお腹抱えて頑張ってくれた妻の姿が浮かびます。
彼女の頑張りを無駄にしない為に頑張って売って行かなきゃ!!
頑張ります!

とはいえ、どこかお店などに使ってもらわないとまずいかもしれません。
一つ一つ取り組んで行きます。


育ててる自分からすると、正直1kg800円の無肥料・無農薬・ハザ掛け天日干しのお米の値段はかなり安いと思います。手がかなりかかっていると思います。
でも値上げはできないですよね。
でも値下げもできない。
お米の価値をきちんとつけてあげたいです。ここまで頑張って育ってくれたので。


参考までにどんな経費がお米づくりにかかるのかを書き出して見ます。
・機械代(トラクター、田植え機、稲刈り機、草払い機、穴あけ機、脱穀機、軽トラの減価償却費)
・燃料代(機械を動かす際、軽トラのガソリン代)
・地代(田んぼ借りているのでかかってきます)
・消耗品代(草刈機の刃や、手袋、収穫時に稲をくくる紐、苗箱などなどたっくさんあります)
・米袋代(収穫した籾を入れる袋や玄米にした商品を入れる袋代)
・備品代(米保管庫など)
・外注費(籾摺り代、断然仕上がりがいいので最近は精米所でやってもらっています)
・水利費(水を利用するのに必要なお金)
・保険代(田んぼにかける保険代)
・人件費(ここがすごいです。もう計算できないくらい。自分への給料とかないです。)
と、こんなくらい経費かかっています。
大規模にやってれば1kgあたりにかかるこの辺の経費が薄まってくるので、安くで販売できるわけですね。なので面積拡大、拡大で効率を求めるわけですね。
でもやればやるほど儲かるわけではなくて、損益分岐点はもちろんあると思います。
色々見てると、やればやるほど経費がかかって、大変なことばかり。
体を壊す人も多いと思いますし、大規模にやってた人が引退した時の地域へのショックというか、どうやってその田んぼを維持するか問題も噴出することになります。

参考までにこちらのリンクをどうぞ
http://www.nouminren.ne.jp/newspaper.php?fname=dat/201204/2012043002.htm
http://ing-hompo.com/modules/post/index.php?content_id=74
http://yamatohiro.com/agri-income

これじゃ米なんて買ったほうがいいです。
稲作農家なんてなるもんじゃない。
真っ当な値段のお米を販売して、真っ当な値段で食べてもらえるような工夫をしていかなければ、稲作農家は死にますよ。これじゃ。
えっと、とにかく、販売するところが本当に大変だなと。
ここまで数年”栽培”に難ありだったんですが、こうなってくると”販売”に力入れないと!という山田家の現状を今回お伝えできていたらいいなと思います。

いや、まあとにかく、色々な場面で食べてもらえるように頑張って営業して行きたいと思います!
なんか、うまくまとまりませんでしたが、どうぞよろしくお願いします!

nice!(1)  コメント(0) 

2018年始まりました! [伝える]

DSC_0080.jpg
みなさま
新年あけましておめでとうございます。
本年もかわらぬご支援、どうぞよろしくお願いいたします。


2018年の目標は「やってやれない事はない」という事で貪欲に頑張っていきたいと思います。


ブログもログインしなさすぎて、「ようこそゲスト様」などと画面に挨拶されてしまいました。
こちらは「かえるすたいるYamada野菜」でございます。
九州の食卓さんのサイトhttp://www.9syoku.net/にもブログ作成しなきゃなのですが、自分のところすらままならずすみません!
最近お餅の紹介もしていただいております!

2017年はみなさまには大変お世話になりました。
同年の大きな目標は「きちんと休む」ということでしたが、なんせ妻が妊娠・出産ということがあり、僕が休む時間は全くありませんでした。
こんなにハードだと、この先何十年も体が保つでしょうか。
ですが、子宝も昨年11月に5人に増え、山田家の生産能力はまたまた上昇!
何にも変えがたいものを授かったこと、昨年大変だったこと全てがチャラになるほど、感謝の気持ちでいっぱいです。というわけで、これだけ子供がいればもう大満足。次はありません!!笑
DSC06220.jpg

新年二日目に書初めに久しぶりに挑戦!
DSC06222.jpg
DSC06223.jpg
机に向かって書くことに集中するなんて、何年ぶりでしょうか。
(あ、そうそう。大晦日に年賀状頑張って作成しました。遅いですね。すみません。)

今年は長男が小学校最終学年になり、次男が四年生、長女が新入学一年生!、三男が年少、次女が0歳ということで、また家の状況も一気に変化しそうです。

地域の事を見てみますと、田舎は大変な担い手不足です。
耕作放棄地は急増、獣害も大変な勢いで増えてます。
農業は何もないところから何かを生み出す作業です。経済の始まりの営み(?)です。(それは昔の話かもですが、ゼロからイチを生み出す数少ない大事な産業の一つだと思っています。)

昔は米でモノとモノを交換していたぐらいです。米の生産、消費が少なくなればなるほど、地域の収入は減っていきます。作業は機械化が進み、田んぼに人間は必要ありません。コンバインが増えれば増えるほど、人間の仕事は減っていきます。その分街に人間は移動し、田舎には高齢者が増え、介護する若い人はそれほど残っていません。

もっというと、病院はなくなり、子を産む産院は遠く、学校は統廃合、さらに人手がいないので自動運転の農業機械やドローンだけが田舎を耕している。空家や墓は森に帰り、獣がさらに村を闊歩し、手入れがされない林は災害の温床に。その地域のアイデンティティである祭り事、神事はなくなり、その土地の個性的な作物も消え、その土地に住む意味はなんだったっけ?


それでいいんでしょうか。


ネガティブな事ばかり書きましたが、実際、この先”地域”は最適化しなければ維持できないのかもしれません。将来的には大きく地域は変わっていくのかもしれませんね。

僕たちには
それでも、、、
それでもって言ってやっていく事しかできません。
今年できる事、そんなに多くはありません。


近所の人からは「インターネットで儲かってるんでしょ。」って言われますが、そんなわけありません。こんなブログ書いてても、なんかが売れているわけではないかと。。。
鍬一本から農業を初めて、これまで一歩一歩やってきました。
今の田んぼを維持するだけでもかなりいっぱいいっぱいです。それこそコンバインが必要に笑。
米もなかなか売れません泣

世界や日本の経済状況は今年どうなるかわかりません。ビットコイン買っておけばよかったとか、売っておけばよかったとか、新しい戦争が起きてしまったりとか。

とにかく僕たちが、この地域や自然環境のためにできる事、2018年はとにかく考えていきたいと思います。
この土地で僕たちにしかできない事、カエルを大事にいきていく事、もっともっと考えていきたいと思います。僕たちと何か一緒にやっていきたいという方がいらっしゃったら声をかけて欲しいです。
いろいろな事考えすぎてしまいました。新年いきなり重い内容ですみません!!



とにかく2月には「種市」が東京であります。
種市で何ができるか、まずはチャレンジです!!


何はともあれどうぞ本年もよろしくお願いいたします!!

nice!(1)  コメント(0)