So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2016年産のお米販売についてお知らせ [農作物売ります]

2016年産のお米販売についてお知らせです。
この夏場の湿気などでお米、ヒノヒカリの品質が低下してしまったため、玄米の販売を一時中断しようと思います。
在庫が残っている品種は「ヒノヒカリ」「香り米」になります。
香り米については大丈夫ですので、ご入用のかたはご連絡いただけたら幸いです。

ヒノヒカリの症状ですが、梅雨から夏場の湿気を吸湿してしまったようで、天日干ししたりもしたのですが、炊いた時や洗っている時に若干臭いがでるようです。どうしてもこの時期のお米の管理が難しいです。
また昨年の掛け干し時に、雨が多く若干乾燥具合にムラがあったということもあるかもしれません。

うちでは玄米保管庫というブリキのお米保管庫に籾で、レーベント袋という袋に入れて保存しています。
お米用の冷蔵庫を買うことも借りることもできないので、こういった対応をしています。
冷蔵保存ですと品質の劣化が少ないようです。2017年産のお米については工夫をしたいと思います。

最近お米をご購入で気になる方はご連絡下さい。返金、返品、新米が出た時に再度お届けなど対応させていただけたらと思います。

また、それでも食べるには問題ないので(うちでは変わらず食べています。)購入して下さる方がいたらありがたいです。白米で食べて頂く分にも少しはいいかもしれません。
また、残りの400kg近くのお米は米粉などにしたり、工夫したいと思います。
ご迷惑おかけしますが、どうぞよろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0) 

男は黙って田んぼで語る 2017/8/17 [田]

DSC05964.jpg
こんにちは

この頃は毎日田んぼに行っています。
しかし、なかなか写真などを撮ってはいなかったりして、いつもいつも「現在の様子」を撮っておきたいと思いながら、カメラを忘れたりしがちです。

昨日は撮るぞって気持ちでカメラを車に入れ、田んぼを回ってきました。

DSC05932.jpg

そうそう、「稲は主人の足音を聞いて育つ」ということわざ(?)があります。
うちは毎朝田んぼの水が入ってるか確認したり、草が生えてないか、虫はきていないか、病気は入っていないかをチェックするために、すべての田んぼを回っています。

でも、田んぼが多いので畦(あぜとは田んぼと田んぼを分ける土手のようなゾーンです)をきちんと歩いてぐるっと回ってとかはできません。
水口(田んぼの水の入り口です)あたりからサッと水をみて、全体をみて次の田んぼへ!という感じです。なので、バイクの音は聞くけど(あ、だいたいいつもカブで回っているのです)足音は毎日は聞いてはねーなー、とイネさんは思ってるかもしれません。

それでもそうやってサッと見て回るだけで、毎朝軽く1時間くらいかかるのです。きちんと畦を歩き回っていたら半日くらいかかるかもしれません。


じゃあここで、毎日見て回っているイネさんたちの様子を品種ごとに大公開です。


DSC05908.jpg
まずは「朝日」とっても順調です。緑も濃いですし、この南九州にもバッチリ合ってる感じです。
6月21日田植えなので、2か月弱。20-30本分蘖してますね。


DSC05913.jpg
DSC05916.jpg
「ヒノヒカリ」ここは6/22田植え。30-40分蘖してます。この田んぼが初めから作付けしている田んぼになります。

DSC05921.jpg
DSC05937.jpg
DSC05949.jpg
「ハッピーヒル」緑が一番濃いと思います。分蘖もしますが、穂がとっても面白いです。実つきがとっても多い。おいしいお米です。6/24田植え、30くらい分蘖

DSC05962.jpg
DSC05964.jpg
「ササニシキ」6/30田植え、20本くらい分蘖、緑濃い
ササニシキは鹿児島だと極早生になるみたいで、大分遅めに種まきして(6/12にしました。その他の苗は6/2に蒔いてます)田植えも遅くして、ちょうど他の品種と出穂が合うという感じです。
隣近所の田んぼと穂が揃わないとスズメの餌食なので、ここも大事なポイントになります。

DSC05969.jpg
DSC06006.jpg
赤米6/29田植え
田んぼ分蘖は40-
ここは手植えで一本植え
すごい生命力

DSC05974.jpg
緑米6/29田植え
なんとも言えません。圧倒されます。手植え一本。
50本以上分蘖するやつもたくさん。まだまだこっからです。

DSC05970.jpg
DSC05985.jpg
DSC05986.jpg
黒米6/29田植え
手植え一本。
いい感じです。

DSC05973.jpg
マコモ(7/7田植え)
どうなるか。

DSC06015.jpg
DSC06022.jpg
レンコンさん 4/12田植え
どうなるか!ってかここは草とらないけんかなー。

DSC06063.jpg
もち米、まだまだです。


そんで、「足音を聞いて育つ」と言われてるわけですけど、どういうことかっていうところですが、きちんとイネの様子を見て、世話をして、畦を歩いてモグラの穴を見つけて塞いで、ってことをしよう!あとは無農薬の農家さんとかでなければ、きちんと農薬まいて、肥料まいてなどなどということになります。
イネは全てちゃんと聞いてくれているよ、ということです。
どれだけ田んぼに足を運んでくれたのか、向き合ってくれたのか、そういうことに応えてくれると思っています。


その中でも特に畦をどれだけ歩いたかというところにつながりますが、
モグラの穴はしっかりと耳を澄まして、下をよく見て畦を歩かなければ気づけません。
モグラが開けた穴から水が抜けていては十分に水がたまりません。
イネは水で育つというほど水が大事なので、(特に無肥料でやっていると本当に水と太陽のおかげで育っているなーってことを感じます)モグラの穴があればきちんと塞ぐというのはとってもとっても大事なことです。

うちでは農薬を使わない代わりに、草取り作業がかなりあります。
DSC05417.jpg
これも足音の一つになっていると思います。
田んぼの水には並々ならぬうちの家族の汗が含まれていると思ってもらって差し支えないかと思います。

この地域では誰よりも田んぼに出て、しっかりやってると思っています。
暑くて誰も田んぼに出てない時でも、田んぼに出ていろいろやっているので、わかります。
田んぼに人がいると遠目からでも「あ、あそこやってるな」と見えるのでわかります。

うちが一番田んぼに浸っているなーと。
(あ、ごめんなさい。このあたりにももっと頑張ってる農家さんもいるかもしれません。僕の知る限りという話。てか、草が生えてないからやることないということもあるかもしれません。うちは草が生えてるのでやっぱり頑張らなければならねんです。まだまだ未熟という証でもあります。)


6年ほど前、近所の人に言われました。
「お前は草を育ててんのか!!」
「無農薬なんか無理だ。」
「お前はもう辞めろ!」
悔しくてたまりませんでした。
自分でもこれじゃダメだってことわかるくらい草ボーボーだったのです。
自分が一番わかってましたから余計に。


それから誰よりも早く田んぼに行き、誰よりも暗くなるまで田んぼで手を動かそうと思いました。
夏場は昼間は誰も周りに人はいません。
田んぼと私だけの世界です。(あ、妻もいます!)


男は黙って田んぼで語る

田んぼが全てを見せてくれます。
田んぼをみればその人の頑張りが見える。
その人が見える。
黙って、たんたんと、
美しい風景、生き物いっぱいの田んぼをこれからも作っていきたいと思います。

そして、自分の田んぼに少し自信が持てるようになってから、田んぼでの「コメニケーション」を大事にするようにもなりました。コミニケーションでもコミュニケーションでもなく「コメニケーション」です。
田んぼに知っている人がいたら声をかける。話をする。急いでる時はちょっとだけ、という感じで。
「田んぼ、いい感じですね!」と。
これは田んぼが草ボーボーの時はできませんでした。
周りの人にはよく思われてませんでしたから、話しかけるのが怖くて。
これからも、ちょっとしたこういうことを大事にしたいです。


いろんなこと書きましたが、
とは言っても、まだまだ草が多い田んぼもあるので、まだまだまだまだ頑張らねば!です!
実りの秋を迎えられるように、あと二ヶ月ほど頑張ります。


そして、お昼休みはやっぱり川涼みですね。
DSC06054.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

2017年の田んぼ7月まで [田]

今年の田んぼ前半戦の記録です。

えーと何から書いたらいいかな〜〜。
今、台風5号が屋久島の南に停滞していて、明日にかけて鹿児島にも近づいてきそうです。
去年の16号を彷彿とさせるコース予想。。
もしかして、、、あの日の夜が脳裏をよぎる。そんな中ブログ書いてます!!
DSC02390.jpg
(2016年台風16号の時の様子)


まず、2017年はまた田んぼが増えました!
あんまり増やすつもりなかったんですが、僕が住んでいる垂水市の水之上地区はとんでもない勢いで耕作者が足りなくなってきています。
本当に僕なんかの手じゃ足りない。これを見ているあなた!ここに引っ越して農業やりませんか!!
ちゃんと計算すると今年は2町の田んぼを面倒見ているようです。
これ田んぼの枚数にすると30枚です。
DSC01393.jpg


普通の稲作農家さんが見たらびっくりされると思います。棚田でもやってんのかと。
この辺は割と平野っぽいんですが、一枚の面積が小さいのです。なので、田んぼ30枚やってても2町くらいにしかならない。とにかく畦が多くて草刈りが半端じゃない。
DSC00211.jpg

こんだけあるのでこれ見ながら管理してます。
DSC05154.jpg

一枚一枚が小さいのは、土地改良が進んでいないということ。水路もパイプではなく、U字溝です。
なぜ改良が進んでいないかというと、みなさんそれぞれの田んぼを大事にしていて、自分のお米は頑張って自分で誇りを持って作っていた(今までは)こと、ということなどが農地の大規模化を阻んだ理由かと思っています。
それがためにだだっと田んぼが広がっているのに、掛け干しの田んぼが多い理由にもなっていると思います。普通、こんだけまとまった田んぼの場合コンバインが主流になっていてもいいはずです。

秋には竿を並べて掛け干しの風景がこのあたりに広がり、それはそれは美しい風景を、懐かしい風景を作り出します。水之上の遺産、大事にするべき文化であり、アイデンティティだと思います。

農家としては農地は大きい方がいい、チマチマやるのは大変です。それでも今までここの人たちが守ってきたものを大事にして生きたいと思います。

DSC03080.jpg


これだけ田んぼがありますが、全部が全部お米を育てているわけではありません。
中には水があまりかからないので、里芋を植えた田んぼ、牟田すぎてレンコンやマコモを育てているところなどもあります。今年からの新しい挑戦です。あ、今から大豆を蒔こうとしている田んぼもあるんだった。

DSC05313.jpg
DSC04431.jpg

去年の災害で土砂が埋まった田んぼが3枚もありましたが、それらはなんとか復旧して田植えに間に合いました。水路が復旧しないのではという心配もありましたが、本当にギリギリで植える判断となりました。正直、「また去年のように土砂がくるかもしれない」とも思いましたが、やるだけやってみるという感じです。

ここも
DSC02605.jpg
なんとか田植えできた
DSC05182.jpg


ここも
DSC03156 (1).jpg
なんとかできたけど、これは田植え直前。
DSC05162.jpg

ここも
DSC03188.jpg
なんとかもとどおり。
DSC05441.jpg

今年の栽培品種は
・ヒノヒカリ
・朝日(栽培増やしました)
・赤米
・緑米
・黒米
・ハッピーヒル(栽培増やしました)
・ササニシキ(栽培増やしました)
・香り米

苗づくりの失敗もありました。基本的な技術がまだまだなところもあります。
ふとしたこと、淡々とやってしまいがちな種まき作業ですが、実はこれに全てかかってます。ちょっとしたところに落とし穴、失敗は即山田家の破綻を意味します。
苗が全てです。苗ができないと稲作は始まりません。
DSC05123.jpg
DSC04991.jpg
DSC05081.jpg
DSC05139.jpg

それと緑米、羽二重糯、亀ノ尾、これらはダメでした。
多分去年の台風の時に水に浸かっていたんだと種まきした後で気づきました。糯米、亀ノ尾は全く発芽しませんでした。普通水に浸かったんだとしたら気づくと思いますよね。でも、ダメでした。本当に本当にあの時はバッタバタだったので。当たり前のことができなくなります。
緑米はかろうじて少し発芽しました。
種、なくなってしまったらもうおしまいです。また、縁があるといいなと思います。



耕耘作業、代掻き作業は大分上手になってきました。
DSC04513.jpg
田植えも順調にいきました。
DSC05119.jpg
6月は代掻きしては、ならして、田植えという日々が続きました。

山田家らしく手植えももちろんやってますよ。
DSC05202.jpg
DSC05246.jpg
DSC05205.jpg
DSC05250.jpg

すずさんにも手伝ってもらって
DSC05242.jpg

田植えが終わったら六月灯(鹿児島の夏祭り)
DSC05348.jpg


今年は代掻きしてすぐならさないと土が重くなって大変ということも痛感しました。(え?当たり前?7年目にしてようやく身にしみました)
田んぼを水平に凸凹がないようにってこれがまた難しい!!
みなさんさらっとやってますが、トラクター暦2年の新米にはまだまだ勉強が足りないと突きつけられます。ハローが欲しい!!

その間にも畑作業ももちろん待ったなしです。
畑の草の伸びる速度はすごいです。田んぼにしばらく行っているとそこは草原のよう。あらら。。。
DSC04949.jpg

7月は草刈り、草取りです。
DSC05481.jpg
DSC05417.jpg

とにかく暑い。熱い。汗は毎日5ℓくらいはかいてると思います。
とにかく草がすごい。手で取ったり、田車押したり、子供達も夏休みは毎日草取り頑張ってます。これはエンジン付き田車買わなきゃかな。。。。お金がない。
それと田んぼたくさんあるので畦の草を刈るだけで5日くらいかかっちゃう。畝刈機買わなきゃかな。。。。。お金がない。
本当は福岡にボランティアに行くつもりだったのですが、なかなかいけない。。
8月いけるか,,,!?

畑はまだ復旧ならず、秋冬野菜に間に合うか
DSC02541.jpg


これから8月中旬にはお米の花が咲いて、いよいよ実が垂れる頃になります。
秋冬野菜もあるので、これらと並行して作業。頑張ります!

DSC05522.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

2016年お金のこと [お金のこと]

こんにちは
本日立て続けのブログ更新に自分でもびっくりしています。
IMGP1331.jpg

【あれ?ちょっと暗すぎる内容になってる!?と思ってちょっと明るい画像などを差し込んで編集し直そう笑。なんだかんだ結構毎日楽しいんです。好きなことばっかりやってるんでこんくらいの収入になってるということもあります笑】
DSC04219.jpg

毎年書かせていただいてますが、この時期のいつものやつです。
2016年の収支報告をこちらでさせていただきます。
その他の年のも含めたのはこちら。
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304648394-1

ただ、毎年思っていることがあります。
これちゃんと伝わってるのかなって。
未来食堂もお金のことさらけ出してますよね。すごいなって思ってます。
そして、うちはどこまでリアルなところが見てもらえてるのかなと思ったり。

DSC04211.jpg

一応こんなことをいつも考えて報告してます。
・うちでお米やお野菜を買っていただいている方に、お客様が支払ったお金がどれくらいあって、
 頂いたお金をどのように使っているのかをお伝えする。
・これから就農や田舎ぐらしを考えている方の参考にしてもらう。


2016年の収支はこちら
ーーーーーーーーーーーーー
売上(+):264万円
経費(−):127万円(減価償却費込み)
給与(−):80万円(妻への給料)
収支:57万円
ーーーーーーーーーーーーー
それと
アルバイト代:21万円(農業と別に少し出稼ぎに行きました)

収支+バイト代の合計78万円と妻の給料80万円を合わせて158万円で去年はやりくりしたんですね。
なかなか頑張ってますでしょうか。

とまあ数字を並べればこんな感じです。
現在(2017年)必要な年間のお金は山田家で200万円くらいです。
保険とか入ろうと思ってので昨年より大分必要なお金が増えてしまいました。

IMG_1216.jpg

ずっと思っていることがあります。物の価値のことだったり。
フェアトレードってありますよね。だいたい海外のチョコとかコーヒーとかだったりしますが。
正当な対価を払おうって動きですよね。
生産者の労働環境や生活水準が保証され、また自然環境にもやさしい手段での生産につながりそうです。

IMG_1284.jpg

2016年のお米の収穫量はおおよそ2,000kgでした。これは1町くらい田んぼをやってです。
そこから玄米にすると1,400kgくらいに量が減ります。
うちでは1kgお米を800円で販売しています(ヒノヒカリで)が、これを1,400kgでかけるとお米の売り上げは112万円!
11月に収穫して、12月までに売り切ることはできないので、これのほとんどは2017年の売上に入ってきます。
1町の田んぼを管理するのにどれだけの労力がかかるかですが。
草刈りだけで延べ一ヶ月くらいでしょうか。
草取りも一ヶ月。
田植えも一ヶ月。
稲刈りも一ヶ月。
諸々150日以上これらの田んぼで働いてるでしょうか。
半年使って売り上げがようやく112万円。
ここから田んぼの借り賃や燃料代とか機械代が出ていって、作業時の人件費は残らないですよね。
かろうじて販売する時の人件費なら出てるかと。。
ちなみにこの報告の2016年の売り上げには2015年の米の生産の大半が入っています。
2015年の生産量は1,000kg以下です。

IMG_1182.jpg

1kg800円でお米販売してるとスーパーで買うのの3倍くらいだと思います。
高いかもだけど、これでも山田家生きていけません。悲しいですが。
なので、加工品を作ったり野菜も育てています。
うちの加工品も高いかもしれませんが、材料費がかなりの部分です。原価が高いです。
時には海で海藻とったり、畑でよもぎを摘んでお茶にしたり、とにかく、なんでもかんでも採ったり、育てたり、自分で作って「なんとか生き残ろう!作戦」です。

DSC03926.jpg

DSC04196.jpg

「小さい農業で稼ぐコツ」の著者西田さん、3反の畑で1,200万円売り上げているそうです。
加工を頑張って、ほとんど直売にして小さい畑でこれだけの売り上げを得ているらしい。

あれ?うちはなんでこんなに売り上げ少ないんだ?
量が全然違うんでしょうか。
とにかくお米では多分2016年は80万円くらいの売り上げだと思います。
野菜もありますが、加工品の売り上げって100万円以上いってるってことでしょうか。


働き方ですが
一応、うちとしては結構頑張って仕事しているつもりです。
冬場以外は(冬場もだけど)ほとんど休まずに働いている気がします。
でも、今年は「ちゃんと休む」が目標です。
それでもきちんとやっていけるように頑張ります。

IMG_1162.jpg

正当な対価。フェアトレードについて
まずは国内から始めないと、素敵なお米農家さんいなくなるのでは。
効率求めて、大規模に大きい機械使ってやる農業だときっと儲かるんだと思います。
GPS使って自動で動くトラクターが全ての作業をやってくれてる。そんな農業も今はあります。

DSC01063.jpg

DSC00947.jpg

DSC01058.jpg

でも、小規模で自然や生き物とともに暮らしてる農家もいて、自分たちで野菜の種もとって、夏場ぶっ倒れるまで手で草取りして、ちまちま儲からない加工品も作って、暮らしを売ってるんだすって言ってる農家もいて。
お金のことだけ考えたらこんな農業誰もやらないですよね。
「金じゃないだ」って言葉には全然ピンと来ませんが、実際にはお金じゃないことが暮らしを豊かにしてくれていることって本当に多いと思います。だから続けてこれたし、これからもやっていこうと思ってます。
お金も大事だし、お金じゃない部分も大事。

IMG_1279.jpg

どっちがいいか悪いかじゃないですが、うちもある程度できるように機械を持ったりしています。
これから多分、ものすっごいスピードで農家さんが引退されていきます。
そのために必要なものもやっぱりあると思います。
うちも最近田植機なども買いました。
もしかしたらトラクターも買うかもしれません。

DSC03292.jpg

うちのお米や加工品の値段は、僕らとしては真っ当な値段だと思っています。
(昨年ドネーション付きで新米を販売させていただいたんですが、そのドネーションが付いたぐらいの値段が本当はやってける米の値段なのかも…という体験もありました。)
これ以上はなかなか高くはできないし、安くもできない。
それでも皆さんの食卓を少しでも幸せにできたらと、毎日頑張ってお米を育ててます。

DSC03233.jpg

うちが販売しているのは、お米でも加工品でも野菜でもあるのですが、本質は暮らしそのものだと思ってます。なので、うちの暮らしのこと色々な角度から伝えたいと。
まあ、何となく面白く見てもらえたら嬉しいです。
少しでもこのブログが、誰かの何らかの刺激になれば、うちのことが伝わればいいなと思います。

IMG_1164.jpg



災害から諸々復旧!お金のことなどなど! [暮らし]

ソラマメの花が咲く頃
みなさまいかがお過ごしでしょうか
DSC04225.jpg


山田家、諸々復旧しております!
今日は色々報告できたらと思います!よろしくお願いしますー。

それと、多分台風関連の投稿はこれで最後になるかと思います。
これまでの関連の記事はこちらです。
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2017-01-03
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-12-12
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-10
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-04

DSC02782.jpg
(復旧当初の家:床をはがしたとこ)

みなさまのおかげでなんとかかんとかやっております。
色々な形で応援していただきました。本当にありがとうございます。
ドネーション米、うちの商品売ったり買ってくれたり、直接支援金を送ってくれたり、声をかけてくださったり、ご飯を作ってくれたり、心配してくださった方、クラウドファンディングに協力してくださった方、たくさんの人に支援を呼びかけてもらったり、手伝いに来てくださったり、もう色々です。
本当に色々な形で支えてもらいました。もらってます。

前のブログでも書きましたが、
人生で一番辛かったけど、人生で一番幸せだった
こんなにたくさんの人が支えてくれて人生で一番幸せな期間だったと思います。このことが全ての乗り越える力になっています。


そして、お金、やっぱり結構かかりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
・家の復旧   30万円以上
・家電購入   20万円以上
・車の修理   20万円
・車の購入   120万円(親に借金)
・農機具の修理購入 200万円(うち80万円は補助金、あとの120万円は直接支援金でまかないました)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
結局合計400万円くらいかかったでしょうか。
こう見ると破産してないのが不思議です。皆さんの支援のおかげです。
あと、農地の復旧でいくらかかるのかまだ不明です。


いただいたご支援まとめてみます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・親から借りたお金 100万円以上
・たくさんの人からの直接の支援金 100万円以上
・ドネーション米の取り組みでいただいたドネーション 11万円
・消防団で入っている共済 7万円
・クラウドファンディングの取り組みでうちにいただいた分 5万円
・市からの見舞金 5万円(!!)
・うちの地区が行った募金からいただいた 1万円
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計230万円
以上なので、もっといただいてるようです。本当にすみません。ありがとうございます。

お金の面では、やっぱり家は保険に入ってたほうがよかったです。車も車両保険も入れました。
もちろんその余裕があれば最初から入ってましたよ!と言いたいぐらいですが、最低限入れるくらい収入がなければいけないんだなと思ってます。
逆に近所の方は保険金を色々もらいすぎて、申し訳ないぐらいと言ってる方もいました。その方は病気になられて現在入院されてたりということもあったり。人生わかりません・・・。


まあ災害があるとお金はきついかもしれません。
でも、まあ何度もブログで書いてますが、人とのつながりがなければ僕らは立ち上がれなかったと思います。
金はなくても人がいた。
僕らの財産です。
保険がない時代は結の心でみんなで助け合って災害を乗り切ったのでしょうけど、まさにそれだと思いました。
ムラのみんなありがとう。
これからの時代みんなで色々なこと乗り切って、生き残っていくことが大事なのかもしれません。



あんなだったのに、家は最後の壁も張れてほぼほぼ元どおり
DSC04019.jpg
DSC04071.jpg

ただ、後ちょっとあります。ふすま紙が全然張れてないのでそれをやらなきゃ。


田んぼの復旧も始まりました。
今年の田植えできそうです。泣
こんなだったのに(2016/9/22)
DSC02605.jpg
DSC02617.jpg


こうなりました。(2017/3/15)
DSC04234.jpg

DSC04236.jpg


まだ崩れそうなところもあったり、まだまだな部分もあります。
DSC04240.jpg
DSC04242.jpg
DSC04243.jpg


一帯に重機がフル稼働です。ってあんまり写ってないのでわかりませんね
DSC04238.jpg


そしてうちの機械について
これらは補助金が80万円、皆様からの支援120万円で購入しています。

壊れた田植機、脱穀機二台がドナドナーと引き取られ
DSC04008.jpg

新しい機械が届きました。
DSC04252.jpg

軽トラも新しくなってます。

これは脱穀機
DSC04253.jpg
新品を見たのはヤンマーの営業の人も初めてって言ってました。笑
こんなん買う人いないんですね。

稲刈り機、管理機は修理しました。
DSC04256.jpg
DSC04264.jpg

田植機はこれがきました。
DSC04260.jpg
DSC04266.jpg

これらでお米、麦、頑張って育てていきます。
こっからが頑張りどころ!
いろんな人から助けてもらったのに、お返しができてないのが正直なところです。
返したいけど、、、もう本当に皆さんに返したいですけど。

今から、頑張ってお米育てるのがお返しと思って頑張ります。
そして、いつか少しずつお返しができたらと、いつか少しずつ誰かの助けになれたらと思っています。
本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみません少しだけここからはボヤキです。

垂水市には災害関連予算で40億円ぐらいの追加予算が下りるみたいです。
40億円のお金があっても被災者のために使うお金はないようです。
(見舞い金以外に国やら財団やらのいろんな支援がないのかと聞きに行ったのですが、市役所の方からそのように言われてしまいました。)
まあ、道路やら橋やらの大きい部分に使われる復旧予算ということなんでしょう。
個人的には糸魚川大火災が被災者支援法の適用を受けて、台風16号の垂水鹿屋の被害が適用されないのが本当に不思議です。僕らにとってはかなりの災害だったのですが。。。なぜ?

すみませんついついボヤキ入ってしまいました。あんまりブログではこういうこと書かないつもりなんですが。もっと色々あるのですが、それはまたどこかで!

2017.塩炊き [暮らし]

山田家の毎年恒例行事になるであろう塩炊きをさせていただきました!!

させていただきましたというのは、私たちは塩釜を持っていないので大隅半島で塩を作っている『地球(ほし)の塩』の高橋素晴さんという方の塩釜を借りて作ったからです。
塩釜を借りたというより、作り方を習いながら一緒に作らせてもらった感じです。
寝ずの番をつきあっていただき本当に感謝しかないお塩となりました。

さて、この塩炊きは実は昨年からさせてもらっています。
加工品用の塩をたくさん使うため、購入しようと思っていたところを「一緒に作りませんか?」提案していただいたのが始まりでした。
塩だけは自分達では作れないなと思っていた矢先のことだったので、何というありがたいお言葉!!早速、飛びつきました。
昨年は何もわからず、塩炊きを一緒にやっていただくほかにご飯までたくさんご馳走になってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
なので、今年はご飯だけは!!と思って頑張りました。
でも、他のことに関してはご家族の方含め、お世話になりっぱなしでした。
本当に感謝の気持ちでいっぱいで感動の嵐のでした。

ではでは、今年の様子を少し紹介したいと思います。

DSC04111.jpg
昼から炊いてもらいました。急に決まったので、実は初めの作業は家主の方にしてもらいました。

DSC04122.jpg
すごい勢いで火を焚いて水分を飛ばしていきます。

DSC04147.jpg
どんどん、水分が飛ぶとカルシウムの成分が結晶となって出てきます。
それを網ですくい上げとっていきます。

DSC04150.jpg

DSC04153.jpg
今年は家族で参加できたので、みんなんでカルシウム取りです。

DSC04158.jpg
薪入れを頻繁に行います。

DSC04161.jpg
夜になるといい感じ。かなり疲れがたまってきているのではないでしょうか。
この辺で、子供達は時間切れでおうちに帰りました。
本当は仕上げまで見たかったけど、来年に期待しようと思います。

DSC04162.jpg
火のにあう男。かっこいいね!!ありがとうございました。


そう!!今年は家族で参加できたことに大満足の塩炊きになりました。昨年はインフエンザかなんかでお父さんだけの参加でした。

この体験は、子供たちにとっては本当に貴重な体験だったと思います。
種をまいてもいただくことができないものがある。
そんなことに気づいてくれるには、まだまだかもしれませんが毎年やっていきたいなーーと思った出来事でした。
食を作っていく。やっぱり幸せなことです。
塩炊きをさせてくれた高橋家のみなさま、本当にありがとうございました。


かえるすたいるYamada野菜  山田裕美子


2017年2月の畑の様子 [畑]

暦は立春を過ぎ、春になりました。
畑に向かうのが気持ち良い季節です。
最近はあんまりにも畑が楽しかったので、今日は珍しくカメラを持って畑へ行きました。

その一部を今日はご紹介します。

今シーズンは9月の台風被害で計画より種まきが遅れてしまったものがたくさんありました。
今まではこんなに時期をずらすことはなかったのですが、それが今食べごろを迎えています。

そこで思ったのは、「これだけズレてもまだ大丈夫だった」ということ。
また、一つ学んだとともに未熟さ感じる出来事でした。

さぁ、我が家の食べごろさん達です。

DSC04049.jpg


DSC04054.jpg
グリーンリーフレタス。なんだか、肉厚な感じ。香りも存在感アリアリです。


DSC04056.jpg
レッドリーフレタス。


DSC04058.jpg
中葉春菊。まだ、小さいけど若い春菊の香りです。


DSC04060.jpg
英国絹さや。今回初めて蒔いてみました。畑と相性が良さそうです。


DSC04062.jpg
グリーンピース。昨シーズンは雪でギリギリ種をつないだので、今年はうまくいきますように。


DSC04051.jpg
最後にそら豆。今年も順調です。支柱をしようかどうか悩み中。
豆板醤作りはここからもう始まっています。


こんな感じで畑に立つととっても気持ち良いです。
夏は戦場のようになるんですがね〜〜。(草刈りが大変なんです笑)

かえるすたいるYamada野菜 山田裕美子

今期の種取り野菜 [種]

先日、やっとやっと種取り野菜の母本選抜をしました。

その一部をご紹介!!
まずは・・・ジャン!!!

DSC03945.jpg

女山三月大根という名前の大根です。この時期は必ず私たちの野菜セットやイベントなどに入っています。今期はいつもより色や形が落ちつてきた印象でした。
こういうちょっとした変化が私たちにはとても嬉しいです。
そして、どんどん私たちの色や形にもなっているんだろうなー。
毎年、毎年、どんどんドンドン愛おしくなる大根だなー。


もう一つご紹介!!
ジャン!!

DSC03964.jpg

DSC03969.jpg

ちょっと取るのが遅れて、種がはじけてしまっていました。
これは夏に大活躍の「モロヘイヤ」の種です。今の時期にたくさん種を飛ばして暖かくなると芽を出す。
こんなに当たり前のことのようなんだけど、あまり普通とされない自然の営みを大事にしなきゃなーと思いながら種を取ります。
この「モロヘイヤ」は今回初めての種取りをしました。素敵な相棒GET。
これからも、仲良くしてください。よろしくです。

他にも何種類か母本選抜をしましたが写真を撮るの忘れたので、ほんのほんの一部の紹介でした〜〜〜。

さてさて、この日はとっても寒い日で、鹿児島でもお山に雪が積もってました。DSC03954.jpg そんな時に・・・・ DSC03949.jpg 冬眠中のアマガエル君。ごめんよ。掘り返してしまいました。 でも、私たちの畑にカエル[黒ハート]夫婦でめちゃくちゃテンションが上がってしまいました!! そして、種の話つながりで・・・ ジャン!!! DSC04017.jpg やっと読めました!! いろんな種の物語について、古来種野菜の流通について、古来種野菜に関わる生き方みたいなことについて。とにかく、内容がぎっしり詰まってました。 もう、読みながら泣きそうになるし(息子の前だったのでグッと我慢しました)、とにかくこの想い伝わってほしい。綺麗な文章にはなっているけど、本当はもっと泥臭くて、汗水流して、もっともっと想いは熱いものなんだろうなと思ったら、やっぱり涙・・・。 そして、私の気持ちがどんどん高まってきて。今年の目標『伝える』に間違いはないことを確信しました。 ああー、私の表現力が乏しすぎるけど、やっぱり食卓を支えるお母さんやお父さんに読んでほしいな。 きっと、新しい世界、新しい感覚に出会えると思います。 かえるすたいるYamada野菜  山田裕美子

みそ会2017 [ワークショップ]

みそ会やります。
多分高橋素晴さんのところで炊いたお塩が間に合えばそれも使えるはず!

詳細はこちら

みそ会2017.jpg

時間は適当にきて適当に帰ってもらっても大丈夫です。
この日は自分たちは一日中やってると思うので、この時間で厳しい方は相談ください。
いやー楽しみです!

新年のご挨拶2017年賀正ー台風16号から3か月半ー [自然]

DSC03902.jpg

新年明けましておめでとうございます!
2017年もどうぞよろしくお願いいたします!


昨年は本当に色々とあり、皆様にはたくさんお世話になりました。
本年はそんな皆様の想いに応えられるように頑張っていきたいと思います。


「あれから一か月、、、」というブログを書いてからしばらく経ってしまいました。
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21
その後、家がどうなってるかを報告したくてパソコンを開きました!


11月にはこの地域への支援を募るクラウドファンディングをOさんの協力をもらって立ち上げ、それもなかなか大変でした。
個人的には本当に色々な方から直接支援金をいただいていた中だったので、さらにご支援をお願いするのは心苦しく、半ば目標金額に達成しなくてもいいかなとも思いました。
これは、自分たちのためにではなく、この地域のためということで始めたプロジェクトでした。しかし、自分たちも被災してなかなか暮らしも元に戻らないということもあり、だんだん他人のためになんかできる余裕なんてものは無くなってきていました。
この苦労はなんなんだろう?なんて思うと・・・。
さらに新聞やテレビからも取り上げられ、世間からは少し注目していただいたかもしれませんが、それは精神的なプレッシャーにもなって山田家を襲いました。
それでもこのプロジェクトは目標に達し、周りの人たちに義援金を配れそうです。ひとまずよかった。まだまだやることだらけで、復興には遠いですが、本当に良かったです。

また、その月は出稼ぎに宮古島に行ったり、毎週イベント出店だったりと怒涛の一か月でした。


12月は何があったかよくわかんないですが、とにかくバタバタでした。後半に熊本と福岡に行きました。一年のいろいろを締めくくるというか、なんだかんだいい年だったと思えるようになりました。それはまた後ほど。


さて、ここからはお待ちかねの我が家の様子をご紹介です!
台所はこんななりました。水害直後。
DSC02484.jpg

土の土間だったのですが、ミキサー車を呼んでコンクリ打設。
DSC03025.jpg

だいたい今はこんな感じ。
DSC03148.jpg


居間は最初はこんな感じ。
DSC02470.jpg

床をはがして。泥の除去。すべての根太を綺麗に磨きました。
DSC02651.jpg

DSC02747.jpg

床を張りました。今まではフロアー材とヒノキの切れっ端で床を作ってました。今回はフローリング(パイン集成材)に刷新。
DSC02844.jpg

DSC03138.jpg

DSC03653.jpg

ここからは壁張りに移ります。板は製材所から到着してすぐに自然乾燥。お日様と風にさらします。
DSC03770.jpg

結局、大晦日になっても壁張りは続きました。いつもなら大掃除って感じですが、大掃除どころじゃありません。そりゃそうだ。家ができてないんですから。
また本を移動して本棚を動かして、3か月に及ぶ壁なし生活も終わりそうです。年末で裕美子の両親、弟も手伝いに来てくれてなんとか居間の壁張りはできました!
DSC03850.jpg

ちょっとまだ片付いてないですが、やっぱり壁があるっていいです。体的にも気持ち的にも暖かいです。
DSC03881.jpg
DSC03884.jpg
DSC03885.jpg

和室はこんな感じになってます。
これは床をとってるところ。
DSC02631.jpg

DSC02648.jpg

みなさんがお手伝いいただいたおかげで板がはれました!
DSC02820.jpg

その上に畳が入る
DSC03139.jpg

押入れの位置は以前、無駄な廊下だった家の中央に位置変更。湿気知らずの押入れにしたいです。
DSC03143.jpg

そして押入れがあった場所はまだ壁がはれてません!もうちょっと!
DSC03657.jpg

下駄箱もできました。
DSC03647.jpg

DSC03667.jpg

冬至の日
熊本に行きました。
目的はゆずの冬至の日ライブに行くためです。熊本も本当にまだまだ復旧できてません。
みんな大変だったねと気持ちが通じ合ったライブでした。
DSC03697.jpg

DSC03695.jpg

忘年会ということで福岡まで行ってきました。詳しくは書きませんが、一年を締めくくる最高の一日でした。これに参加するためにいろいろ頑張ってきました!
九州で頑張ってるみんなに会えて、フル充電。来年はすごいぞ!!
DSC03782.jpg

奄美時代からの友達にも会いました。ダメ男に磨きをかけてました笑
DSC03840.jpg

九州の食卓のセレクトショップにも足を運びました!素敵すぎる!こんな家にしたい!
DSC03843.jpg

年末には霧島のここゆ農園さんからブリやお野菜がたくさん届き、周りの被災された方々で美味しくいただきました!
DSC03865.jpg
DSC03859.jpg

大晦日はさらに家族で餅つきも!
DSC03875.jpg


そんな怒涛の年末。
なんだかんだで家の復旧作業、進んでいます。
本当は年内に仕上げたかったですが、まあそれでもこんなに素敵なおうちになってます!
嬉しいです。あんなんだったのにねーー。

今回、僕たちが決めていたことは、「ただじゃ起きない」ということです。
大変なことあったけど、今までよりももっと素敵なおうちになるように、素敵な間取りになるように、素敵な素材で作るように、素敵な暮らしができるように心がけました。
農家としても、現状復帰ではなく、元のところよりもっともっといろいろできる農家になれるように努めて復旧作業しています。
まだまだ高みを目指して山田家今年も頑張っていきます!
どうぞよろしくお願いします!!


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。