So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2016年お金のこと [お金のこと]

こんにちは
本日立て続けのブログ更新に自分でもびっくりしています。
IMGP1331.jpg

【あれ?ちょっと暗すぎる内容になってる!?と思ってちょっと明るい画像などを差し込んで編集し直そう笑。なんだかんだ結構毎日楽しいんです。好きなことばっかりやってるんでこんくらいの収入になってるということもあります笑】
DSC04219.jpg

毎年書かせていただいてますが、この時期のいつものやつです。
2016年の収支報告をこちらでさせていただきます。
その他の年のも含めたのはこちら。
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304648394-1

ただ、毎年思っていることがあります。
これちゃんと伝わってるのかなって。
未来食堂もお金のことさらけ出してますよね。すごいなって思ってます。
そして、うちはどこまでリアルなところが見てもらえてるのかなと思ったり。

DSC04211.jpg

一応こんなことをいつも考えて報告してます。
・うちでお米やお野菜を買っていただいている方に、お客様が支払ったお金がどれくらいあって、
 頂いたお金をどのように使っているのかをお伝えする。
・これから就農や田舎ぐらしを考えている方の参考にしてもらう。


2016年の収支はこちら
ーーーーーーーーーーーーー
売上(+):264万円
経費(−):127万円(減価償却費込み)
給与(−):80万円(妻への給料)
収支:57万円
ーーーーーーーーーーーーー
それと
アルバイト代:21万円(農業と別に少し出稼ぎに行きました)

収支+バイト代の合計78万円と妻の給料80万円を合わせて158万円で去年はやりくりしたんですね。
なかなか頑張ってますでしょうか。

とまあ数字を並べればこんな感じです。
現在(2017年)必要な年間のお金は山田家で200万円くらいです。
保険とか入ろうと思ってので昨年より大分必要なお金が増えてしまいました。

IMG_1216.jpg

ずっと思っていることがあります。物の価値のことだったり。
フェアトレードってありますよね。だいたい海外のチョコとかコーヒーとかだったりしますが。
正当な対価を払おうって動きですよね。
生産者の労働環境や生活水準が保証され、また自然環境にもやさしい手段での生産につながりそうです。

IMG_1284.jpg

2016年のお米の収穫量はおおよそ2,000kgでした。これは1町くらい田んぼをやってです。
そこから玄米にすると1,400kgくらいに量が減ります。
うちでは1kgお米を800円で販売しています(ヒノヒカリで)が、これを1,400kgでかけるとお米の売り上げは112万円!
11月に収穫して、12月までに売り切ることはできないので、これのほとんどは2017年の売上に入ってきます。
1町の田んぼを管理するのにどれだけの労力がかかるかですが。
草刈りだけで延べ一ヶ月くらいでしょうか。
草取りも一ヶ月。
田植えも一ヶ月。
稲刈りも一ヶ月。
諸々150日以上これらの田んぼで働いてるでしょうか。
半年使って売り上げがようやく112万円。
ここから田んぼの借り賃や燃料代とか機械代が出ていって、作業時の人件費は残らないですよね。
かろうじて販売する時の人件費なら出てるかと。。
ちなみにこの報告の2016年の売り上げには2015年の米の生産の大半が入っています。
2015年の生産量は1,000kg以下です。

IMG_1182.jpg

1kg800円でお米販売してるとスーパーで買うのの3倍くらいだと思います。
高いかもだけど、これでも山田家生きていけません。悲しいですが。
なので、加工品を作ったり野菜も育てています。
うちの加工品も高いかもしれませんが、材料費がかなりの部分です。原価が高いです。
時には海で海藻とったり、畑でよもぎを摘んでお茶にしたり、とにかく、なんでもかんでも採ったり、育てたり、自分で作って「なんとか生き残ろう!作戦」です。

DSC03926.jpg

DSC04196.jpg

「小さい農業で稼ぐコツ」の著者西田さん、3反の畑で1,200万円売り上げているそうです。
加工を頑張って、ほとんど直売にして小さい畑でこれだけの売り上げを得ているらしい。

あれ?うちはなんでこんなに売り上げ少ないんだ?
量が全然違うんでしょうか。
とにかくお米では多分2016年は80万円くらいの売り上げだと思います。
野菜もありますが、加工品の売り上げって100万円以上いってるってことでしょうか。


働き方ですが
一応、うちとしては結構頑張って仕事しているつもりです。
冬場以外は(冬場もだけど)ほとんど休まずに働いている気がします。
でも、今年は「ちゃんと休む」が目標です。
それでもきちんとやっていけるように頑張ります。

IMG_1162.jpg

正当な対価。フェアトレードについて
まずは国内から始めないと、素敵なお米農家さんいなくなるのでは。
効率求めて、大規模に大きい機械使ってやる農業だときっと儲かるんだと思います。
GPS使って自動で動くトラクターが全ての作業をやってくれてる。そんな農業も今はあります。

DSC01063.jpg

DSC00947.jpg

DSC01058.jpg

でも、小規模で自然や生き物とともに暮らしてる農家もいて、自分たちで野菜の種もとって、夏場ぶっ倒れるまで手で草取りして、ちまちま儲からない加工品も作って、暮らしを売ってるんだすって言ってる農家もいて。
お金のことだけ考えたらこんな農業誰もやらないですよね。
「金じゃないだ」って言葉には全然ピンと来ませんが、実際にはお金じゃないことが暮らしを豊かにしてくれていることって本当に多いと思います。だから続けてこれたし、これからもやっていこうと思ってます。
お金も大事だし、お金じゃない部分も大事。

IMG_1279.jpg

どっちがいいか悪いかじゃないですが、うちもある程度できるように機械を持ったりしています。
これから多分、ものすっごいスピードで農家さんが引退されていきます。
そのために必要なものもやっぱりあると思います。
うちも最近田植機なども買いました。
もしかしたらトラクターも買うかもしれません。

DSC03292.jpg

うちのお米や加工品の値段は、僕らとしては真っ当な値段だと思っています。
(昨年ドネーション付きで新米を販売させていただいたんですが、そのドネーションが付いたぐらいの値段が本当はやってける米の値段なのかも…という体験もありました。)
これ以上はなかなか高くはできないし、安くもできない。
それでも皆さんの食卓を少しでも幸せにできたらと、毎日頑張ってお米を育ててます。

DSC03233.jpg

うちが販売しているのは、お米でも加工品でも野菜でもあるのですが、本質は暮らしそのものだと思ってます。なので、うちの暮らしのこと色々な角度から伝えたいと。
まあ、何となく面白く見てもらえたら嬉しいです。
少しでもこのブログが、誰かの何らかの刺激になれば、うちのことが伝わればいいなと思います。

IMG_1164.jpg



災害から諸々復旧!お金のことなどなど! [暮らし]

ソラマメの花が咲く頃
みなさまいかがお過ごしでしょうか
DSC04225.jpg


山田家、諸々復旧しております!
今日は色々報告できたらと思います!よろしくお願いしますー。

それと、多分台風関連の投稿はこれで最後になるかと思います。
これまでの関連の記事はこちらです。
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2017-01-03
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-12-12
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-10
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-04

DSC02782.jpg
(復旧当初の家:床をはがしたとこ)

みなさまのおかげでなんとかかんとかやっております。
色々な形で応援していただきました。本当にありがとうございます。
ドネーション米、うちの商品売ったり買ってくれたり、直接支援金を送ってくれたり、声をかけてくださったり、ご飯を作ってくれたり、心配してくださった方、クラウドファンディングに協力してくださった方、たくさんの人に支援を呼びかけてもらったり、手伝いに来てくださったり、もう色々です。
本当に色々な形で支えてもらいました。もらってます。

前のブログでも書きましたが、
人生で一番辛かったけど、人生で一番幸せだった
こんなにたくさんの人が支えてくれて人生で一番幸せな期間だったと思います。このことが全ての乗り越える力になっています。


そして、お金、やっぱり結構かかりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
・家の復旧   30万円以上
家電購入   20万円以上
・車の修理   20万円
・車の購入   120万円(親に借金
・農機具の修理購入 200万円(うち80万円は補助金、あとの120万円は直接支援金でまかないました)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
結局合計400万円くらいかかったでしょうか。
こう見ると破産してないのが不思議です。皆さんの支援のおかげです。
あと、農地の復旧でいくらかかるのかまだ不明です。


いただいたご支援まとめてみます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・親から借りたお金 100万円以上
・たくさんの人からの直接の支援金 100万円以上
・ドネーション米の取り組みでいただいたドネーション 11万円
・消防団で入っている共済 7万円
・クラウドファンディングの取り組みでうちにいただいた分 5万円
・市からの見舞金 5万円(!!)
・うちの地区が行った募金からいただいた 1万円
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計230万円
以上なので、もっといただいてるようです。本当にすみません。ありがとうございます。

お金の面では、やっぱり家は保険に入ってたほうがよかったです。車も車両保険も入れました。
もちろんその余裕があれば最初から入ってましたよ!と言いたいぐらいですが、最低限入れるくらい収入がなければいけないんだなと思ってます。
逆に近所の方は保険金を色々もらいすぎて、申し訳ないぐらいと言ってる方もいました。その方は病気になられて現在入院されてたりということもあったり。人生わかりません・・・。


まあ災害があるとお金はきついかもしれません。
でも、まあ何度もブログで書いてますが、人とのつながりがなければ僕らは立ち上がれなかったと思います。
金はなくても人がいた。
僕らの財産です。
保険がない時代は結の心でみんなで助け合って災害を乗り切ったのでしょうけど、まさにそれだと思いました。
ムラのみんなありがとう。
これからの時代みんなで色々なこと乗り切って、生き残っていくことが大事なのかもしれません。



あんなだったのに、家は最後の壁も張れてほぼほぼ元どおり
DSC04019.jpg
DSC04071.jpg

ただ、後ちょっとあります。ふすま紙が全然張れてないのでそれをやらなきゃ。


田んぼの復旧も始まりました。
今年の田植えできそうです。泣
こんなだったのに(2016/9/22)
DSC02605.jpg
DSC02617.jpg


こうなりました。(2017/3/15)
DSC04234.jpg

DSC04236.jpg


まだ崩れそうなところもあったり、まだまだな部分もあります。
DSC04240.jpg
DSC04242.jpg
DSC04243.jpg


一帯に重機がフル稼働です。ってあんまり写ってないのでわかりませんね
DSC04238.jpg


そしてうちの機械について
これらは補助金が80万円、皆様からの支援120万円で購入しています。

壊れた田植機、脱穀機二台がドナドナーと引き取られ
DSC04008.jpg

新しい機械が届きました。
DSC04252.jpg

軽トラも新しくなってます。

これは脱穀機
DSC04253.jpg
新品を見たのはヤンマーの営業の人も初めてって言ってました。笑
こんなん買う人いないんですね。

稲刈り機、管理機は修理しました。
DSC04256.jpg
DSC04264.jpg

田植機はこれがきました。
DSC04260.jpg
DSC04266.jpg

これらでお米、麦、頑張って育てていきます。
こっからが頑張りどころ!
いろんな人から助けてもらったのに、お返しができてないのが正直なところです。
返したいけど、、、もう本当に皆さんに返したいですけど。

今から、頑張ってお米育てるのがお返しと思って頑張ります。
そして、いつか少しずつお返しができたらと、いつか少しずつ誰かの助けになれたらと思っています。
本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみません少しだけここからはボヤキです。

垂水市には災害関連予算で40億円ぐらいの追加予算が下りるみたいです。
40億円のお金があっても被災者のために使うお金はないようです。
(見舞い金以外に国やら財団やらのいろんな支援がないのかと聞きに行ったのですが、市役所の方からそのように言われてしまいました。)
まあ、道路やら橋やらの大きい部分に使われる復旧予算ということなんでしょう。
個人的には糸魚川大火災が被災者支援法の適用を受けて、台風16号の垂水鹿屋の被害が適用されないのが本当に不思議です。僕らにとってはかなりの災害だったのですが。。。なぜ?

すみませんついついボヤキ入ってしまいました。あんまりブログではこういうこと書かないつもりなんですが。もっと色々あるのですが、それはまたどこかで!

2017.塩炊き [暮らし]

山田家の毎年恒例行事になるであろう塩炊きをさせていただきました!!

させていただきましたというのは、私たちは塩釜を持っていないので大隅半島で塩を作っている『地球(ほし)の塩』の高橋素晴さんという方の塩釜を借りて作ったからです。
塩釜を借りたというより、作り方を習いながら一緒に作らせてもらった感じです。
寝ずの番をつきあっていただき本当に感謝しかないお塩となりました。

さて、この塩炊きは実は昨年からさせてもらっています。
加工品用の塩をたくさん使うため、購入しようと思っていたところを「一緒に作りませんか?」提案していただいたのが始まりでした。
塩だけは自分達では作れないなと思っていた矢先のことだったので、何というありがたいお言葉!!早速、飛びつきました。
昨年は何もわからず、塩炊きを一緒にやっていただくほかにご飯までたくさんご馳走になってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
なので、今年はご飯だけは!!と思って頑張りました。
でも、他のことに関してはご家族の方含め、お世話になりっぱなしでした。
本当に感謝の気持ちでいっぱいで感動の嵐のでした。

ではでは、今年の様子を少し紹介したいと思います。

DSC04111.jpg
昼から炊いてもらいました。急に決まったので、実は初めの作業は家主の方にしてもらいました。

DSC04122.jpg
すごい勢いで火を焚いて水分を飛ばしていきます。

DSC04147.jpg
どんどん、水分が飛ぶとカルシウムの成分が結晶となって出てきます。
それを網ですくい上げとっていきます。

DSC04150.jpg

DSC04153.jpg
今年は家族で参加できたので、みんなんでカルシウム取りです。

DSC04158.jpg
薪入れを頻繁に行います。

DSC04161.jpg
夜になるといい感じ。かなり疲れがたまってきているのではないでしょうか。
この辺で、子供達は時間切れでおうちに帰りました。
本当は仕上げまで見たかったけど、来年に期待しようと思います。

DSC04162.jpg
火のにあう男。かっこいいね!!ありがとうございました。


そう!!今年は家族で参加できたことに大満足の塩炊きになりました。昨年はインフエンザかなんかでお父さんだけの参加でした。

この体験は、子供たちにとっては本当に貴重な体験だったと思います。
種をまいてもいただくことができないものがある。
そんなことに気づいてくれるには、まだまだかもしれませんが毎年やっていきたいなーーと思った出来事でした。
食を作っていく。やっぱり幸せなことです。
塩炊きをさせてくれた高橋家のみなさま、本当にありがとうございました。


かえるすたいるYamada野菜  山田裕美子


2017年2月の畑の様子 [畑]

暦は立春を過ぎ、春になりました。
畑に向かうのが気持ち良い季節です。
最近はあんまりにも畑が楽しかったので、今日は珍しくカメラを持って畑へ行きました。

その一部を今日はご紹介します。

シーズンは9月の台風被害で計画より種まきが遅れてしまったものがたくさんありました。
今まではこんなに時期をずらすことはなかったのですが、それが今食べごろを迎えています。

そこで思ったのは、「これだけズレてもまだ大丈夫だった」ということ。
また、一つ学んだとともに未熟さ感じる出来事でした。

さぁ、我が家の食べごろさん達です。

DSC04049.jpg


DSC04054.jpg
グリーンリーフレタス。なんだか、肉厚な感じ。香りも存在感アリアリです。


DSC04056.jpg
レッドリーフレタス。


DSC04058.jpg
中葉春菊。まだ、小さいけど若い春菊の香りです。


DSC04060.jpg
英国絹さや。今回初めて蒔いてみました。畑と相性が良さそうです。


DSC04062.jpg
グリーンピース。昨シーズンは雪でギリギリ種をつないだので、今年はうまくいきますように。


DSC04051.jpg
最後にそら豆。今年も順調です。支柱をしようかどうか悩み中。
豆板醤作りはここからもう始まっています。


こんな感じで畑に立つととっても気持ち良いです。
夏は戦場のようになるんですがね〜〜。(草刈りが大変なんです笑)

かえるすたいるYamada野菜 山田裕美子

今期の種取り野菜 [種]

先日、やっとやっと種取り野菜の母本選抜をしました。

その一部をご紹介!!
まずは・・・ジャン!!!

DSC03945.jpg

女山三月大根という名前の大根です。この時期は必ず私たちの野菜セットイベントなどに入っています。今期はいつもより色や形が落ちつてきた印象でした。
こういうちょっとした変化が私たちにはとても嬉しいです。
そして、どんどん私たちの色や形にもなっているんだろうなー。
毎年、毎年、どんどんドンドン愛おしくなる大根だなー。


もう一つご紹介!!
ジャン!!

DSC03964.jpg

DSC03969.jpg

ちょっと取るのが遅れて、種がはじけてしまっていました。
これは夏に大活躍の「モロヘイヤ」の種です。今の時期にたくさん種を飛ばして暖かくなると芽を出す。
こんなに当たり前のことのようなんだけど、あまり普通とされない自然の営みを大事にしなきゃなーと思いながら種を取ります。
この「モロヘイヤ」は今回初めての種取りをしました。素敵な相棒GET。
これからも、仲良くしてください。よろしくです。

他にも何種類か母本選抜をしましたが写真を撮るの忘れたので、ほんのほんの一部の紹介でした〜〜〜。

さてさて、この日はとっても寒い日で、鹿児島でもお山に雪が積もってました。DSC03954.jpg そんな時に・・・・ DSC03949.jpg 冬眠中のアマガエル君。ごめんよ。掘り返してしまいました。 でも、私たちの畑にカエル[黒ハート]夫婦でめちゃくちゃテンションが上がってしまいました!! そして、種の話つながりで・・・ ジャン!!! DSC04017.jpg やっと読めました!! いろんな種の物語について、古来種野菜の流通について、古来種野菜に関わる生き方みたいなことについて。とにかく、内容がぎっしり詰まってました。 もう、読みながら泣きそうになるし(息子の前だったのでグッと我慢しました)、とにかくこの想い伝わってほしい。綺麗な文章にはなっているけど、本当はもっと泥臭くて、汗水流して、もっともっと想いは熱いものなんだろうなと思ったら、やっぱり涙・・・。 そして、私の気持ちがどんどん高まってきて。今年の目標『伝える』に間違いはないことを確信しました。 ああー、私の表現力が乏しすぎるけど、やっぱり食卓を支えるお母さんお父さんに読んでほしいな。 きっと、新しい世界、新しい感覚に出会えると思います。 かえるすたいるYamada野菜  山田裕美子

みそ会2017 [ワークショップ]

みそ会やります。
多分高橋素晴さんのところで炊いたお塩が間に合えばそれも使えるはず!

詳細はこちら

みそ会2017.jpg

時間は適当にきて適当に帰ってもらっても大丈夫です。
この日は自分たちは一日中やってると思うので、この時間で厳しい方は相談ください。
いやー楽しみです!

新年のご挨拶2017年賀正ー台風16号から3か月半ー [自然]

DSC03902.jpg

新年明けましておめでとうございます!
2017年もどうぞよろしくお願いいたします!


昨年は本当に色々とあり、皆様にはたくさんお世話になりました。
本年はそんな皆様の想いに応えられるように頑張っていきたいと思います。


「あれから一か月、、、」というブログを書いてからしばらく経ってしまいました。
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21
その後、家がどうなってるかを報告したくてパソコンを開きました!


11月にはこの地域への支援を募るクラウドファンディングをOさんの協力をもらって立ち上げ、それもなかなか大変でした。
個人的には本当に色々な方から直接支援金をいただいていた中だったので、さらにご支援をお願いするのは心苦しく、半ば目標金額に達成しなくてもいいかなとも思いました。
これは、自分たちのためにではなく、この地域のためということで始めたプロジェクトでした。しかし、自分たちも被災してなかなか暮らしも元に戻らないということもあり、だんだん他人のためになんかできる余裕なんてものは無くなってきていました。
この苦労はなんなんだろう?なんて思うと・・・。
さらに新聞テレビからも取り上げられ、世間からは少し注目していただいたかもしれませんが、それは精神的なプレッシャーにもなって山田家を襲いました。
それでもこのプロジェクトは目標に達し、周りの人たちに義援金を配れそうです。ひとまずよかった。まだまだやることだらけで、復興には遠いですが、本当に良かったです。

また、その月は出稼ぎに宮古島に行ったり、毎週イベント出店だったりと怒涛の一か月でした。


12月は何があったかよくわかんないですが、とにかくバタバタでした。後半に熊本福岡に行きました。一年のいろいろを締めくくるというか、なんだかんだいい年だったと思えるようになりました。それはまた後ほど。


さて、ここからはお待ちかねの我が家の様子をご紹介です!
台所はこんななりました。水害直後。
DSC02484.jpg

土の土間だったのですが、ミキサー車を呼んでコンクリ打設。
DSC03025.jpg

だいたい今はこんな感じ。
DSC03148.jpg


居間は最初はこんな感じ。
DSC02470.jpg

床をはがして。泥の除去。すべての根太を綺麗に磨きました。
DSC02651.jpg

DSC02747.jpg

床を張りました。今まではフロアー材とヒノキの切れっ端で床を作ってました。今回はフローリング(パイン集成材)に刷新。
DSC02844.jpg

DSC03138.jpg

DSC03653.jpg

ここからは壁張りに移ります。板は製材所から到着してすぐに自然乾燥。お日様と風にさらします。
DSC03770.jpg

結局、大晦日になっても壁張りは続きました。いつもなら大掃除って感じですが、大掃除どころじゃありません。そりゃそうだ。家ができてないんですから。
また本を移動して本棚を動かして、3か月に及ぶ壁なし生活も終わりそうです。年末で裕美子の両親、弟も手伝いに来てくれてなんとか居間の壁張りはできました!
DSC03850.jpg

ちょっとまだ片付いてないですが、やっぱり壁があるっていいです。体的にも気持ち的にも暖かいです。
DSC03881.jpg
DSC03884.jpg
DSC03885.jpg

和室はこんな感じになってます。
これは床をとってるところ。
DSC02631.jpg

DSC02648.jpg

みなさんがお手伝いいただいたおかげで板がはれました!
DSC02820.jpg

その上に畳が入る
DSC03139.jpg

押入れの位置は以前、無駄な廊下だった家の中央に位置変更。湿気知らずの押入れにしたいです。
DSC03143.jpg

そして押入れがあった場所はまだ壁がはれてません!もうちょっと!
DSC03657.jpg

下駄箱もできました。
DSC03647.jpg

DSC03667.jpg

冬至の日
熊本に行きました。
目的はゆずの冬至の日ライブに行くためです。熊本も本当にまだまだ復旧できてません。
みんな大変だったねと気持ちが通じ合ったライブでした。
DSC03697.jpg

DSC03695.jpg

忘年会ということで福岡まで行ってきました。詳しくは書きませんが、一年を締めくくる最高の一日でした。これに参加するためにいろいろ頑張ってきました!
九州で頑張ってるみんなに会えて、フル充電。来年はすごいぞ!!
DSC03782.jpg

奄美時代からの友達にも会いました。ダメ男に磨きをかけてました笑
DSC03840.jpg

九州の食卓のセレクトショップにも足を運びました!素敵すぎる!こんな家にしたい!
DSC03843.jpg

年末には霧島のここゆ農園さんからブリやお野菜がたくさん届き、周りの被災された方々で美味しくいただきました!
DSC03865.jpg
DSC03859.jpg

大晦日はさらに家族で餅つきも!
DSC03875.jpg


そんな怒涛の年末。
なんだかんだで家の復旧作業、進んでいます。
本当は年内に仕上げたかったですが、まあそれでもこんなに素敵なおうちになってます!
嬉しいです。あんなんだったのにねーー。

今回、僕たちが決めていたことは、「ただじゃ起きない」ということです。
大変なことあったけど、今までよりももっと素敵なおうちになるように、素敵な間取りになるように、素敵な素材で作るように、素敵な暮らしができるように心がけました。
農家としても、現状復帰ではなく、元のところよりもっともっといろいろできる農家になれるように努めて復旧作業しています。
まだまだ高みを目指して山田家今年も頑張っていきます!
どうぞよろしくお願いします!!


ドネーション付き新米の取り組みの中間報告 [農作物売ります]

みなさまこんにちは

かえるすたいるYamada野菜の山田一生です。

前のお米の案内のブログの中にも最後の方に書いたのですが、今「種市」の協力のもと、『ドネーション付き新米』の取り組みをさせていただいています。
1474491_678919902138495_1186001914_n.jpg
https://www.facebook.com/taneichi.at.kichijoji/posts/1303830206314125


我が家が台風16号で被災したというのはこのブログでも書いてきていますが、その支援をしたいと言っていただいたのです。
いや、本当は支援という一言では言い表せないのです。
『ともに生きる』ということをみんなで考えていきたい。そのためにこの取り組みをさせてください。
そうやって言っていただいて、本当に涙が出ました。
ただのお客さまと生産者、流通という関係を超えて、みんなで支えあっていく共同体。


僕はもちろんみなさまにお米を買っていただかないと生きていけません。
みなさまは僕のお米がなくても生きていけます。他にもたくさんお米はありますから。

僕が廃業しても別にみなさまは困らないと思います。
あー鹿児島の一農家がなくなったんだなというくらいかなと。


みなさま田んぼに生きているカエルを最近どう見ているでしょうか。
今、生存する環境が変わって、地域的にはとっても少なくなっているカエルがいます。
うちの周りもニホンアマガエルという、きっと昔は普通にたくさんいたカエルがとても少なくなっています。
きっとこのカエルがこの土地にいなくなっても誰も気づかないでしょう。


ある土地の、細々と受け継がれているお野菜がひっそりと絶えてしまっても誰も気づかないかもしれません。



でもね、僕はそのカエルと生きていきたいし、そんなお野菜と生きていきたいのです。
「それでも」って言って生きていきたい。
台風が来て、昨年おお米や、電化製品、家財道具、農業機械のほとんど、車、そして普通の毎日の暮らしを失ってしまいました。
それでも、それでもみなさまにお米を届けたいと思って、家を直し、代車を借り、米を収穫しました。

と言っても、まだ家は直ってなくて、うち壁もなければ荷物も片付いてません。
そこは年内までに頑張ります。


今回の取り組みでは、壊れた農業機械の修復・購入を考えています。
具体的には田植え機、脱穀機の購入、管理機の修復です。


これまでに27人の方に124kgのお米、11万円のドネーションをいただいています。
本当にありがとうございます。



この台風被害をバネにして、さらにもっと高みを目指したいと思っています。
家もこれまで同様に修復するのではもったいないと思っていて、床も畳も取っ払って何もかんもゼロからという機会は滅多にありません。
これまでの懸念事項の押入れの湿気を解消するために押入れの位置を変えたり、土間をコンクリート敷きにしたり、納屋も使いやすくしたり。

農家としても、きっと来年はもっともっと田んぼも増えると思います。
今回の台風でもうやめるといった農家さんも多いからです。
地域の担い手として、そういうことも見越して機械を修復したり、購入したりしなければいけないと思います。機械も技術も高めなければと考えています。
一旦ゼロになったのだから、これまでと同じ場所に戻ってたらダメだ、もっと少しでも高いところにジャンプアップしたい。


今回、たくさんの方に支援をいただいて、このギリギリな綱渡り経営を続けてはいけないのかもと感じています。それでは周りに困っている人がいても手を差し伸べる余裕もない。
友達で、知り合いで、お客様で困っている人がいたら手を差し伸べられる人になりたい。


ともに生きる共同体として僕ができることをやれるように頑張ります。




WarmerWarmerさんの投稿も良かったら見ていただけたらと思います。
https://www.facebook.com/warmerwarmer/?fref=ts

怒涛のイベント週間!!2016 [伝える]

やっと更新ができます。

2016年11月19日から27日まで「オーガニックフェスタ鹿児島」を皮切りに「マルクト」、「球磨オーガニックフェスティバル」、「ハナマルシェ」、「命のまつり」とたくさんのイベントに出店させていただきました。
ご来場してくださった皆様、イベントスタッフの皆様、ありがとうございました。


ではでは、オーガニックフェスタ鹿児島から振り返っていきたいと思います。
DSC03428.jpg

私たちが初めて出店したイベントがこのオーガニックフェスタ鹿児島でした。
今回で私達の出店は5回目。
イベントスタッフの方も出店者さんも知ってる顔が多くなってきて、なんだか勝手にホームに帰ってきた思いになります。そして、私たちにとっても特別な想いのあるイベントになってきました。
毎年、このイベントだけに来てくださるお客さんもいて、そんな方々のために出店したくなります。
今年はたくさんの方に浸水水害をご心配頂く声をかけていただきました。
本当に言葉に出来ないのですが、嬉しかったです。
言葉にすると本当、軽く見えてしまいますが感謝、感動でした。
来年はもっともっとパワーアップして出店したいと思っています。
来場してくださった皆様、スタッフの皆様、我が子を見てくださった方、声をかけられなかった方(たくさんいました・・・)本当にありがとうございました。



オーガニックフェスタ鹿児島の興奮冷めやらぬまま、出店したのが毎月鹿屋で開催されている「マルクト」です。
このイベント、いつもは毎月第四日曜日に開催されているのですが、今回は他のイベントと重なってしまったのもあり、11月23日(勤労感謝の日)の開催になりました。
イベントの秋ということもあり、みなさま足が軽いのかいつもよりたくさんの方が来場していたように思いました。
このイベントで嬉しいのはお客さんのリピーター率が多いということ。これは本当に嬉しい!!
私たちの商品を気にいっていただいて、毎回足を運んでくれる。こんな幸せなことはありません。
それとともに、私たちの田畑の生き物がたくさん生きていけるように頑張っていかなければと身が引き締まる思いになるイベントです。
次の開催日は12月25日(クリスマス)、ナイトマルクトといって16:00~21:00までの開催になります。
我が家ももち米でお餅もつきますよ!!みなさま、ぜひ遊びに来てくださいね。


お次は11月26,27日の二日間にわたって開催された「球磨オーガニックフェスティバル」です。
実は初めての熊本での出店でした。私たちは26日の1日だけ参加させていただきました。
ドキドキしながらの出店でしたが、種取り野菜に興味を持ってもらったり、発酵食品のディープな話に興味を持っていただいたり、とっても楽しかったです。
そして、すごかったのは埼玉県で有機農家をやっている、有機など目指している方なら知らない人はいない金子美登さんの講演を聴くことができました。出店しておきながら、この講演があるのは知らずかなりのサプライズでした。
この講演会で、主催者の方の熱意がズドーーーーンと伝わってきました。
また、出店できたら嬉しいな〜〜と思いながら帰りましたよ。ありがとうございました。


最後は11月27日の同日開催だった「ハナマルシェ」と「命のまつり」です。
実は二手に分かれて出店していました。

まずは「ハナマルシェ」。
このイベントはスタッフの方の大隅半島の美味しいもの、素敵なものに対する熱意が伝ってくるイベントで、いつも主催者の方々の気持ちに応えたいと思って出店させていただいてます。
でも、このイベントいつも雨なんです・・・。
今回も例のごとく雨。しかも、出店準備の時間は嵐のような雨と風。
出店者もイベントスタッフもみんなびっしょり。この時ばかりは関わった全員が帰りターーーーーーイと思ったのではないでしょうか。
私も一人での出店だったため、ダメだと思いましたがテント張りを手伝ってくださった方や、荷物運びを手伝ってくれ方のおかげでなんとか出店にこぎつけました。
そして、蓋を開けてみればたくさんの来場者の方々が。本当にあの嵐を乗り越えてよかったと思いました。来てくださったみなさま、本当に雨で寒い中、ありがとうございました。


そして、最後は同日開催だった「命のまつり」。
こちらも本当に雨が多いイベントで、今年もやっぱり雨でした。
雨でビビってしまい、商品を限定して持っていったところお客様の期待に応えられず、反省反省の出店となりました。
やっぱりYamada野菜はいつでも全力でなければいけません。本当に反省。
来年はしっかり準備していきます。
こちらも、お足元の悪いなか遊びに来てくださってありがとうございました。



今年のイベントは9月の台風16号の浸水被害にあい、出店できるかどうか不安でもあり目標でもありました。そして、こうやって無事に出店できたのはたくさんの方の支援があったからだと思っております。
本当にありがとうございました。

今回の水害、なくなってしまったものがたくさんありました。
辛い、悲しい思いをたくさんしました。正直まだ辛い思いや現実が残っているのも確かです。
でも、私たちにとっての財産も見つけることができました。家族や子どもたちの命はもちろんですが、今までも大事に思っていたけどこんなに目の当たりはしたことのなかった、人とのつながりです。

直接、遠く、近くから来てくれた方や、子どもを預かってくれた方、ご飯を持ってきてくれた方、お金を支援してくれた方、声をかけてくださった方、気を使って声をかけず私たちのことを想っていてくれた方、他にもたくさんの方に支えられてのイベント出店だと思っています。
本当にありがとうございました。
このことは私たちのこれからを確実に支えてくれるものとなると確信しています。
これからも、自分たちのスタイルを変えることなく、良いと思ったものに向かっていこうと思います。

どこから見ても、未熟な私達ですが今後ともよろしくお願いいたします。



最後に宣伝です・・。
イベント出店は実はまだ続きます。
12月11日(日)に湧水町で開催される「そばまつり」に参加させていただきます。
お蕎麦がたくさん食べられるようで今から楽しみなんです。
私たちはお餅などを持っていきますよ。お楽しみに。

DSC03415.jpg

それでは、またどこかで会いましょう。読んでいただいてありがとうございました。


かえるすたいるYamada野菜  山田裕美子

Yamada野菜6年目のお米づくりー2016年ー [田]

DSC01939.jpg

今年で6回目のお米づくりでした!!
まだまだ新米農家ですね。
頑張ります!続けます!届けます!
何十年選手になるまでまだまだ頑張りますよ!!

さて、今年のお米づくりなんですが、
失敗の連続すぎて笑えてきます。

が、その前にまずはこの話です。
昨年の8月には台風15号というのが鹿児島にもきました。当時のブログでもこれまでで最恐の台風だったと綴ってありました。http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2015-10-24

そして、今年はやっぱりこいつでしょう。そう、このブログでもなんども書いてきましたが「台風16号マラカス」です。マラカスってのは「強い」って意味だそうです。
いや、確かに強かった。
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-04
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-10
その時家は水没してしまい、実は今年前半の写真データが全てなくなってしまいました。なので、いつもはもっと写真が多いのですが、今年は少なめでも勘弁してください。

DSC01215.jpg

さてさて、それでは順を追ってお話しいたしまーす!
今年は田んぼの広さは1町3反に増えました。
なんとなく去年の倍ぐらいになったような感覚です。小さい田んぼがたっくさんなので、田んぼの枚数でいくと20枚を超えます。バカですね。
なので畦とかめちゃくちゃ多いです。

DSC01179.jpg

失敗の始まりは種まきの時から始まっています。
種まきが早すぎて焦って焦って田植えをしちゃいました。
今年は始めて田植え機で田植えをしたので、その技術も「やりながら覚える」だったので最初の方はダメダメ。
トラクターで耕すのも今年初めてだったので段取りがグダグダ。
とにかく種まくのから耕すのから田植えから全て失敗続き。
作業も後追いの連続。
最後の自然農の田んぼの田植えでは、延べ10日間も植えてました。過去最高に時間がかかってしまいました。あ、ここに綴ってますね。田植えの様子はこちら!
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-07-09

今年も田植え休みをもらって田植えの手伝いの子供達
もう文句も言わなくなりました笑
DSC01238.jpg


そして、夏の田んぼの様子もありました。こちらです。
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-08-29

田植えが終わったら、夏の鹿児島の風物詩「六月燈」のお祭りです。
子供達が作った灯篭に灯が入り神社が浮かび上がります。
いつも田植えが無事に終わったことを感謝します。
DSC01266.jpg

今年はこれまでになかった敵が出現しました。
今年から借りた田んぼから結構な雑草が生えてきたのです。
これまでは、ジャンボタニシ君がいるおかげでそんなに草取りも大変でなかったのですが、彼らが食べきれないくらいの草が、新しい田んぼにはいらっしゃったのです。
とってもとっても草草草草。
今年はオリンピックイヤーでしたが、まさにその期間僕たちも「草トリンピック」でした。
もはや日本代表になれるのではと思うぐらい。というかメダルももらっても良かったのではないかと思いました。でも、ラジオから流れる選手たちの頑張りを聞いて僕らも頑張りました。
愛ちゃんの「サァー!」に励まされました。

ここからはずーと草刈りの様子。

DSC01320.jpg

DSC01344.jpg

DSC01380.jpg

DSC01393.jpg

DSC01440.jpg

DSC01478.jpg

子供達さすがに夏休みの草取には文句ブーブーでした。
でも、川に連れてってあげるよというと素直にお手伝いです。かわいいです。
DSC01889.jpg

この川の上流にはとっても素敵な場所、自然が残っています。この川があるから美味しいお米が採れるんだねって気付かされます。
DSC01496.jpg

今年は天然うなぎもとって食べました。ちっちゃい
DSC01357.jpg

さーてそろそろ収穫だというときにササニシキ、もち米はスズメの襲来にあい、収量は半減してしまいました。あいつらどうしようもありません。
来年はバードガード(http://birdgard.a-alt.com/product.htm)買うかもしれません。

DSC01983.jpg

このあたりまではうまく育っていた、もち米。こっからスズメの餌食になります。うぅ泣
DSC01988.jpg


さーいよいよ稲刈りだ^ー!みんな頑張るゾーーーー!
DSC03034.jpg


稲刈りの様子、埋まってしまった田んぼの様子こちらからも見られます。
http://yamadayasaii.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21

ということでせっかく頑張って10日間かけて植えた古代米は一粒も収穫することなく、土砂に埋もれてしまいました。今年の販売はできなさそうです。楽しみにしてくださっていた方には申し訳ありません。
そのほかヒノヒカリも土砂に埋まってしまった量は、収量にして300kg以上になりそうです。


無事に脱穀も終わり
DSC03299.jpg


7月から
DSC01386 (1).jpg

10月となり、いつの間にか息子も成長しておりました。
DSC03292.jpg

いや、でもホントよく稲刈りできたと思います。車もなくなって原チャで米を干すための竿を運んだり、なんとか車を借りたりして。。。
機械もいろいろお借りして、たくさんの人に手伝ってもらってようやく今年は稲刈りが出来ました。
いつもよりもたくさんの人の思いが詰まったお米になった気がします。


そうして、
一年の田んぼ仕事を締めくくる「豊年祭」こちらでは『ホゼ』と呼んでいますが、これがしめやかに執り行われました。毎年文化の日と決まっています。子供神輿も地域中を回ってみんなで豊作をお祝いします。
この日は、僕も一年間田んぼ作業を無事に出来て、お米も収穫できて、この地域の自然に感謝しています。
DSC03279.jpg

田んぼに神様を案内して、神事。土地柄天狗もいらっしゃいます。毎年抜けるような青い空でこの神事を執り行っていますね!本当に清々しいです。
DSC03281.jpg

僕も廻しを締めて赤ちゃんの健康を祈る初土俵入りの力士を務めさせていただきました。
DSC03278.jpg


そして、新米に感謝して
DSC03233.jpg


みんなでいただきまーす!今年は「新米の会」を開かせていただきました。
ただただうちの新米をみなさんに食べていただきたいという気持ちから開いています!
本当にありがたい時間だったな!
DSC03331.jpg

こういう嬉しいことがあるから、また来年もきっと田んぼができるんだな。
生き物がたくさん、人間もたくさん集まるような田んぼをこれからも作っていきたいと思います!



最後に、今年は我が家が被災し、農機具もほとんどが動かなくなりました。
この災害から立ち上がるために、いつも参加させていただいているイベント「種市」の高橋さん奥津さんから、「ともに生きていきたい」と声をかけていただき、支援米の案内を出していただきました。
支援を自らお願いするのもどうかなって思いますが、お客さんも生産者も越えた、ともに生きて行く関係をみなさんとつくっていきたいんです。
僕たちは「また、来年もお米をつくりたい。」「また、来年も皆さんにお米を届けたい」と思っています。
もし少しでも応援してくださったら本当にありがたいです。
そのお金で機械を修理もしくは購入できたらと思っています。
https://www.facebook.com/taneichi.at.kichijoji/posts/1303830206314125


来年もその先も農業をしていく。この土地で生きていく。 「それでも!」って言って頑張っていきたいと思います。

米の案内2016.jpg
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。